〈 手づくりのトリロジー・リング 〉

2 April 2018

こんにちは、RUSTメンズのデザイナー内海です。
ぼく個人のインスタグラムをご覧のみなさんはご存知かもしれません...

実は、この3月にアルテミスが40歳となり、ローズカットダイヤを使ったRUSTの指輪の中でも人気のトリロジーリングを、初めて手作りしてプレゼントしてみました!

こちらケビンのように、10代の頃からキャリアを始めることも多いイギリスの職人に、技術では絶対に勝つことはできないので...
RUSTのエンゲージリングの製作は、すべて、彼ら伝統を受け継ぐ職人たちが製作を担当しています。

よって、見よう見まねで手作りしたこのトリロジーリング。
結果としては、(遠目で見るぶんには?!)まずまずそれなりのものに仕上がったので、とても満足しています。

唯一の誤算は、"コレット"と呼ばれるダイヤを留める枠が、小さければ小さいほど難しく、予定外に(!)大きなダイヤを使うことになってしまったことでしょうか...?!

ブランド物のバッグでもプレゼントしたほうが安く済んだかもしれませんが、そんな高級品で満足してくれるとも思えないので、こうしてチャレンジできたこと、そして喜んでもらえたことがすごく嬉しいです。

2010年に京都でプロポーズしたときに、自作したエンゲージリングは受け取ってもらえていたのですが、今回のような節目の機会に、またグレードアップした作品をプレゼントできること。
そして将来の数十年、もしくはそれ以上もずっと、残っていくことができる永続性と、そこに込める感謝と祝福の気持ち...

ジュエリーだからできる、そんなプレゼントのありかた、そして、それを形にする"ものづくり"に携わることのできる喜びを、再確認することができました!

内海

Latest Instagrams

© RUST LONDON. Design by FCD.