〈 チョコレート・バナナ 〉

3 April 2018


その日やって来たのは、ワイト島の南側に位置するブルックという海岸。
車に詰め込んできたのは、長ぐつ、木の枝や薪、そして...バナナ?!



ここブルックは、おもに犬を連れた地元の人たちでにぎわうビーチです。
旅行で訪れる人々は多くないので、けっこう自由のきく場所。
駐車場から歩いてすぐなので、大きな荷物や子供が一緒でも、アクセスが楽なのも大きなポイントでしょうか!



ということで、砂浜に穴を掘って、小さな焚き火を起こしてみました。



ラッセル=ウツミ家が連れてきたのは、犬ではなく、クマのぬいぐるみ??

実はペアーの学校の課題で...
クラスのみんなが順番でテディベアのトムを自宅に連れ帰り、一緒になにかしたことを日記にして次のクラスメートに渡すというイベントの一環で、ペアーは砂浜での焚き火を選んだのでした。

**ご覧のように、着いて1分で(!)トムを水たまりに落として泥だらけにしてしまいましたが。。。
 
 

気を取り直して続行。
いい感じで火が落ち着いたところで...バナナをアルミ箔に包んで投入します!




ほんの数分もすると、バナナの温まるにおいに混じって、なにやら甘い香り...




そう、バナナの皮にチョコレートボタンを押し込んで、忍び込ませていたのでした!



みんな大満足だったようで、帰りの車の中はzzzzz...
(それで一息つけたので、一番満足していたのが父親だったのは言うまでもありませんが!)

Latest Instagrams

© RUST LONDON. Design by FCD.