FIRST CAMP〈 今年最初のキャンプ 〉

5月に入り、島全体が一気に緑で覆われるワイト島...
野に咲く花も毎週のように入れ替わり、毎回少しずつ違った色の草原をドライブしていることに気づきます。

暑くもなくて、寒くもない、今が間違いなく一年で最高の気候です。
そんな中、今年最初のキャンプに出かけてきました!

  

去年、生後2ヶ月の赤ん坊をあやしながら(!)夫婦2人でリストアしたキャラバンを駆り出して、長旅へ...?!

いえいえ、やってきたのは隣町のトットランド。
家から車で10分もかからない、ストーツ・ファームです!
    
  


 毎年のことですが、最初のキャンプは何かしらの忘れ物がつきもの。
すぐに家に戻れる距離での、"慣らし"キャンプです。

 


このキャンプサイトは、何と言ってもこの景色が一番のポイント。
面倒でギリギリまで我慢しがちな(!?)朝のお手洗いも、この景色を見ながらだと、イベントになりますね。
  




しかも、西ワイト島は"辺境"とあって、キャンパー達も本当にまばら。
広い草原に子供達を"放し飼い"にして、しばし休憩...
      
  
  
疲れ果てて寝てくれる予定だったのですが、思枠とは裏腹に、エキサイトしすぎて、なかなか眠くなってはくれません。
この時期のイギリスは、夜9時を過ぎても明るいですしね...
  
  

そして、どんなに夜が遅くても、朝はちゃんといつも通りの早い時間に目覚めてくれるという不思議。
そんな、初日から翻弄されながらの、今年最初のキャンプとなりました。

いざとなったらすぐに家に帰れるし、と言い聞かせて...乗り切ります!





 生まれてすぐのタイミングでキャラバンをリストアしたり、生後数ヶ月でキャンプに引っ張りまわされたりと...
ラッセル=ウツミ家の洗礼を受けながらも、いつも笑顔のリーフ。
"我が道"をいく姉にも振り回されながら(?!)、たくましく育ってくれてます。

   
最後は、このブログでもおなじみとなった、ベントナーの熱帯植物園と、スティープ・ヒルのビーチへ。

  

ヨタヨタ、でも力強いステップで追いかけていくいくリーフ。
それを少し面倒くさそうに見つめるペアー...

なんだかこの写真が今のラッセル=ウツミ家をうまく表しているような気がします?!


今年最初のキャンプも無事終わり...つかの間の夏へ向けて、いろいろな計画を立てています!

ひきつづき珍道中にお付き合いいただければ嬉しいです。

Popular Posts