8 June 2016

fish & chips〈 フィッシュ&チップス 〉

その日ラッセル=ウツミ家が向かったのは、ワイト島の南東部にある街、ベントナー

約1名、ご機嫌ななめだったこともあり…
お店に入ることは早々にあきらめて、夕食はテークアウトのフィッシュ&チップスにすることにしました!
  
   

ベントナーの海岸線に新しくできた、ややアメリカ風の建てもの。
ここは、地元の漁師が水揚げする港とお店を組み合わせた新コンセプトのお店、ヴェントナー・ヘイブンです!

見てのとおり、階下に船が着く水揚げ場。
その上がキッチンとお店になっていて、その日の穫れた魚やカニ、ロブスターを、直接購入することができます。
  
   

脇にはフィッシュ&チップス専用のキッチンも併設されていて、注文を取って、その場で揚げてくれます!

もちろんその日の収穫によって日替わりのメニュー。
王道のタラだけではなく、ヒラメやスズキ、そしてホウボウなど、他ではまず見ることのない魚を使ってのフィッシュ&チップスが食べられます。

いち押しは…
スライドポテトをカニみそでいただくクラブ&チップス!
  
  


注文後に衣をつけて揚げるので、15分ほどの待ち時間。
海や、作業する漁師さんを見ていると、あっという間にできあがりの呼び声がかかります。
  
   
  
それにしても、海の上に水揚げ場とキッチンを作るという、斬新なアイディア…
当然ながら鮮度も抜群ですし、中間コストもなく、漁師もお客さんも、みんながハッピーになれる、素敵な取り組みですよね。
職人からお客さまを直接つなぐという意味で、RUSTとしてもすごく共感します!





テークアウトして、ビーチで波の音を聞きながらいただく夕食、とてもおすすめです。が…
ベントナーに限らず、ワイト島は全体として風が強め。
天気が変わりやすいことも度々ですので、上着はお忘れなくでお願いします〜
   
   


この日も間一髪のタイミングでにわか雨。
フィッシュ&チップスは、温かいうちのカリカリ感が大事ですので…
そこだけどうかお気をつけて。

毛布に包まれて、ドラマチックな風景を眺めながら…
そんな、つよがりに満ちた夕食をご紹介してみました!