26 January 2015

axe cover〈まき割り斧のカバー〉


    
RUSTメンズのデザイナー内海です。
ロンドンで暮らしていたときはまずやることがなかった、ワイト島"ならでは"の作業といえば…まき割りがあります!
    
    

近所の小さなお店と比べると、ほぼ半値に近い価格で購入できる、大きな材木屋からの薪。
でもサイズが不揃いで、暖炉で使うには大きすぎることも多く…それらを斧で小さく割っていく作業が待っています。
ということで、まき割り用の斧が、すごく身近になったこの頃。
      
   

小さな子どものいる家ということもあり…
レザーで刃渡りを保護できる、カバーを手づくりしてみました!
      
     
でも、"子どもの"云々というのは、実はただの口実で…
本当は、慣れない仕事で何度も地面を叩いてしまい、刃こぼれだらけになった刃先を隠すという役目のほうがメインでしょうか?!
        
      
 なにはともあれ(!)
ウォレットにせよキーホルダーにせよ、ほぼ毎日使う革製品には、やっぱりちょっとこだわってしまいますよね。
    
     
ロンドンではせいぜい3本足のネズミを捕まえるのがやっとだった、猫のプリムソール。
  ワイト島に移住してからは毎日のように捕まえて、ごていねいに(!)わざわざ持ってきて見せてくれます!
       
    
まき割りもそうですが、きっと、カントリー・ライフならではの環境が、眠っていた本能的なワイルドさを呼び起こすのかもしれませんね。
  
メンズの新作ももうすぐできあがってきますので、楽しみにしていてくださいね!
内海直仁

内海のFacebookページでは、ワイト島での日常を綴っています。