27 June 2014

sprout the boat... { 手こぎボートの"芽キャベツ号" }

船長"キャプテン・ペアー"の誕生です...!?
  
    
  
実はもうずいぶん前、春先のあれは確か4月ごろのお話しになりますが...
なかなか上向かない天気への不満が爆発し、夏に向けた"DIYプロジェクト"として、思い切って小さな手こぎボートを手に入れていたのでした!

価格は95ポンド。
日本円にして1万6千円ぐらいでしょうか。
    
    
    
"遠目"には素敵に見えましたよね?!
これがこの価格で手に入るなんて、ラッキー。
と、誰もがそう思いました。

が...
近くで見るとこのとおり。
  
  
  
きれいにしようと、こすればこするほど(!)広がっていく底穴。
      
      
      
航海は、大きなマイナスからの"船出"となりました!
      
    
    
ヨット港のある街で暮らす大きな利点は、この手の修理キットやアドバイスが、街中で普通に簡単に手に入る点。
      
  
    
もちろんボートについての知識なんかは"ゼロ以下"でしたが...
    
    
    
日頃から鍛えている"DIY"精神と、"無償の愛"で乗り切ります!
  紙やすりで表面を整えて...
   
  
 
次はペイント作業。
  これもローカル情報なのですが、ペンキはボート用ではなくて、"家の床"用の塗料でOKなそうです。
    
  
  
というわけでホームセンターに出向き、できるだけオリジナルの色に近づけるために、あえて調合してもらいました。
{船舶用の塗料は色のバリエーションが少ない上に、値段がボート本体よりも高くついてしまう可能性があったので...}

        
        
       
金属の板で船底を補強して仕上げます。
これで作業の9割がたは終了!
と、思いきや...
      
        
     
ボートの前後にある座席がなんだか変に盛り上がっているなと思い、一部を切りとって、中をのぞいて見たら、なにやらスポンジ{だったらしきもの}が充満。
    
  
  
 造船当時はそれが"浮き"として機能していたものですが、年月とともに海水が入り込み、膨張して腐敗していたのでした...!
    
  
             
"見なければよかった"と後悔するも、時すでに遅し。
内海ひとり、庭の端で孤独に耐えながら、小さな穴から手を入れて、すこしずつすこしずつ、金属のへらですくいとっていく、地道な作業...

これを前後ともにすべて取り除くのに、さらに数週間を要してしまいました。
**何度も何度も諦めそうになって間が空いてしまっただけで、実質の作業は数時間ですが...!

          
       
      
その間アルテミスは...
古いオールのリストア作業。
  
  
  
古い古いものなので、オリジナルに忠実に再現していきます。
  
  
  
どこかのセイリング・クラブのマークでしょうか...
消してしまわないように、ていねいにやすりがけをして古いワックスを落とし、ボート用のニスで仕上げ。
最後に、オールの先端をつなぎ止めるための、銅製の板をとり付けて完成です!
    
    
    
いよいよ(!)終わりが見えてきました...
船体のふちをぐるりと一周する、ロープの取り付けです!
      
     
     
接岸でぶつかった時の、クッションとしての機能もありますし、港で見たロープ仕様のボートがすごくお洒落に映ったので、真似してみました。
なんでも"見た目"から入るのは大事ですよね!

ネジを次々と、絶え間なく手渡してくれるせっかちな"アシスタント"との連携もばっちり。
おかげで(?!)1時間ぐらいでできました。
      
      
     
最後にアルテミスのハンド・ペイントで船名"SPROUT"のロゴを描いて...完成です!

スプラウトは、日本語に訳すと"芽キャベツ"。
英語では"駆け出し"的なニュアンスでしょうか。
色といい意味といい...ラッセル=ウツミ家のボートにはぴったりですよね!
    
        
      
救命胴衣も身につけて、用意完了...
出航の準備が{ようやく...}整いました!
      
    
        
家の裏庭からヨット港まで、最初は家族で引っ張っていく案もあったのですが、この時点でそんな余力はもちろんありません。
  
キャンパー・バンにトレーラーを積んで、街中を牽引していきました。
{予想どおり、多くの人たちに指をさされて笑われながら...}
          
          
          
"キャプテン"の指示に従いながら、迅速に船荷の積み込みが始まります。
  
  
  
ここまでこぎ着けるのに、どれだけの時間と労力がかかったことでしょう...
今となってはもう考えないことにしています。
      
    
    
無事(!)水に浮くことを確認。
    
    
    
大洋(と言いつつここは実は河口に近い川ですが...)への第一歩。
芽キャベツ号の初航海です!
    
    
    
非常にナーバスな男性乗組員...
それに対し"キャプテン"はさすが、平常心ですね。
  
  
  
静かな水面にこだまする、けたけたという笑い...
冗談を言ってのける余裕すらあります!
    
    
   
イギリスの伝統にのっとって、処女航海で開けるシャンペン!
一番安いものでも、船体価格の3分の1近くしてしまうのですが...
"伝統"には逆らわず、ということで!
    
      
    
雰囲気に酔ったのか、ジュースが進んで、なんだか"いい気分"になってきたキャプテン...
    
  
  
"女性乗組員"にもキス連発のサービス。
  
  
  
努力が報われる瞬間です!
  
    
  
夜8時を過ぎても、まだまだ明るい夏のワイト島。
    
    
    
陸に加えて、水の上で過ごす時間もできれば、楽しみも2倍。
{その前にずいぶん多くの"苦しみ"もありましたが...}
    
      
    
今はまだ海に出る勇気もなく...
穏やかな河口の汽水域の水面を、潮の流れに乗って、ゆっくりただようだけで十分しあわせ。
      
      
     
またひとつ、小さな夢がかないました! 
  
  
   
車内に戻って、温かいテークアウェイのインド・カレーで締めくくり。
忘れられない1日となりました。
   
    
   
今回の"船出"で得たいくつかの教訓といえば...

①値段と質は比例する
②あまり奥まで見ないこと
③深く考え過ぎずにとにかく実行すること
でしょうか!

   
    
   
いつもに増して、長い長いポストになってしまいましたが...
これに懲りずに、これからもラッセル=ウツミ家の"航海"におつき合いいただければ嬉しいです!

RUST LONDON
   
  

25 June 2014

camping on the island... { ワイト島でのキャンプ! }

寒くなく、そして、暑くもない...
そして、夜9時をまわっても、まだまだ明るい!
      
  
  
文字どおり、イギリスがいちばん"輝く"この季節。
      
      
     
そう...本格的なキャンプ・シーズンの始まりです!
  
  
  
フェスティバルやビーチなど、たくさんの人たちでにぎわう夏も素敵ですが...
  
    
  
今回選んだキャンプ・サイトは、聞こえるのは牛と羊の鳴き声だけという、現役の農場。
遠くには、青い海と、白い断崖絶壁の海岸線が見えます。
  
  
  
しかも、ラッセル=ウツミ家から10分もかからない近場に位置する...コンプトン・ファームに来てみました。
そう、キャンプだからといって、わざわざ遠出する必要はないですよね!
    
    
       
さっそく用意を開始。
**と言っても、家の近くのデリでさっき買ってきた総菜をひろげるだけですが...
    
     
       
旅行で家を出る時っていつも、なにかを忘れてきるような気分に陥りがちですよね。
  
  
  
でもここなら...
歩いてでも家に忘れものをとりに帰れる距離!
  
  
  
とは言え、こんな感じで道をふさがれてしまうハプニングも{ワイト島では}よくありますが...!?
     
      
      
忘れたら忘れたで、なんとかなってしまうのも事実。
  
  
  
少々の不便も楽しむのもキャンプの良さですよね。
{戻れる距離なのに、戻るのも面倒なときってあります...?!}
     
    
    
さてこちら、コンプトン・ファーム...
現役の農場だけあって、普段はあまり見ることのないものが、あちこちにたくさん。
        
       
       
建てられたのは、200年ぐらい前でしょうか...
 イギリス独特の、石造りの農場の家。
  
    
    
そこに、木でできた納屋や、トラクターの車庫が並びます。
  
 
  
文字どおり"放し飼い"にされている鶏たち。
 
  
  
ペアーには見せたくなかったので、写真はあえて撮りませんでしたが、捕獲した野うさぎが軒先につるしてあったりもする世界。
        
  
  
イギリスのカントリー・ライフに興味があるみなさんは、ぜひぜひこちらへキャンプに出かけてみてくださいね!
    
    
     
こちらは"魔除け"の馬蹄...
RUSTでも馬蹄の作品を多く作ってきましたが、実際に"魔除け"として使われる場面に出会うのは貴重かもしれません!
      
  
  
敷地内を散策...
  
  
  
この季節のイギリスで、どこに行っても目に入るのは、色とりどりの花、そして、子育てまっただ中の牛たち。
"失われた"冬の時間を取り戻すかのように、みんな生き生きと、それぞれの活動をはじめます。
  
  

こちらはトイレ...
  
  
  
そっと扉を開けてみると...
  
  
  
なんと、ダブル!
  
  
  
2つ並ぶトイレ...どんな使い方をするのしょう!?
    
  
     
何とも不可解ですよね...??
  
  
  
どなたかもし...2つ並ぶトイレの正しい使い方を発見されたら、ぜひ教えてくださいね!
  
  
    
すばらしいコンセプト...敷地内には畑もあって、自給自足の生活!
**とはいえ農場主のおばあさんがよく近くのビーチにあるレストランにいるのを何度か(しかも頻繁に)目撃してますが...
    
    
    
対して、ラッセル=ウツミ家といえば...自給自足とはまるで正反対。  
    
  
    
料理はほとんどせずに、家の近くのデリにお世話になりっぱなし。
  
  
  
せいぜい炭火でトウモロコシを焼く程度でしょうか...
    
    
    
パンにチーズ、ワイン...
  
  
  
 ひとうひとつはけして、なにも高級なものではないかもしれませんが、夕陽と自然の中で、静かな時間を過ごすことができることが、一番の贅沢だと思います!
      
  
      
夜はたき火を見つめながら、ロマンチックな時間を...??
と期待していたのですが、遅くまで目が冴えわたるペアー。

  
  
  
日が長いのは嬉しいのですが、子供が寝付くにはちょっと明る過ぎ!?
これでだいたい夜の11時ですからね...

      
      
     
西というよりも、北に限りなく近い方向に沈む夕陽。
島をとり囲む海面にも光が反射して、遅くまでぼんやり明るいのでしょう。
      
      
    
遅く眠りについたぶん、翌朝は起きるのもゆっくり...??
そんな淡い期待はあっさりと裏切られた、サッカーの"朝練"に駆り出されて始まる1日。
しかも、"オーストラリア代表"との親善試合にまで発展...
        
      
    
今回は思いつきのキャンプだったので、1泊でおしまいです。
  
   
  
あと片付けの作業も、これまで何十回と繰り返してきたせいか、とても手際よくできるようになりました。
というか、いちいち整理整頓に気を使わなくなったというのが正確な表現でしょうか。
{そんなわけで木箱の中はお見せできませんが...!}
  
  
  
ワイト島の西でキャンプの際は、ぜひおすすめなのがこちらの砂浜、コウェル・ベイ!
    
  
  
今回キャンプをしたコンプトン・ファームから、車で5分。
 ラッセル=ウツミ家からもすぐなので、夏の間は毎日のように出かけるビーチです。
  
    
    
透きとおった海水とどこまでもつづく砂浜、すぐ近くを
通り過ぎてゆく古いヨット。
そして、簡単に手の届く距離にある売店のアイスクリーム!
と、三拍子のそろったお気に入りの場所。
   
   
   
以前もご紹介しましたが、ワイト島の西側は、東側に比べてあまり観光地化されていないので、ローカルの人々に混ざって、のんびり過ごすにはぴったりです。
     
      
    
このビーチには、ロンドンの高級住宅街チェルシー在住の一家が経営するHUTというレストランもできました。
向かい側に見えるイギリス本土から、ヨットでそこに食事に訪れる人もたくさんいるみたいです。
{子ども連れには風当たりが強いのが難点ですが...}
  
  
  
高級なレストランよりも...
海岸に停めたキャンパー・バンの中でいただくフィッシュ&チップスのほうが好きですけれどね〜
と、いつもながらの"つよがり"で締めくくりたいと思います!

RUST LONDON