27 January 2014

dining room... { ダイニング・ルーム }

今日は...クリスマス後の、ラッセル=ウツミ家のダイニング・ルームへご案内します!
  
  
  
古い工事現場の踏み板(!)を使った、2メートル以上ある長いテーブルがこの部屋の主役...
  
  
  
友人や親戚が集まる時は、とても使い勝手のよいスペース!
    
    
  
でも逆を言えば、3人家族では少しがらんとした印象にもなりかねないので...
  
  
  
"いろいろ"と持ち込んで、にぎやかにデコレートしてみました!
  
   
  
今年に入って新しく見つけたのは、手前の水色の横長ベンチ。
{サイズにもよりますが?!}4人ほど並んで座ることが出来ます!
    
    
    
そしてロンドンの蚤の市から"手荷物"で持ち帰ってきたコート・フック!
RUSTメンズのデザイナー内海のFACEBOOKをご覧のみなさんはこの"珍道中"をご存知かもしれませんね。
  
  
  
花にみかん、やかんに缶詰め...
ランダムな組み合わせのものがテーブルの上に並びます。
   
  
  
その他にもバドミントンのラケット、魚のクッション。
    
  
  
そろばんにニットの帽子。
  
   
   
PEHRの文字に、ままごと用の小さなティー・セット。
      
    
    
木でできた可動式の耳と脚を持つ"象輪車"に...
  
  
  
亀のクッション!
  
  
  
まるで"動物園"状態...
子供のいる家であれば、多かれ少なかれみんなそんなもの....ですよね?!
    
      
     
こちらは先週見つけてきた揺り椅子。
  
  
  
そこに座って目を閉じて、夏になれば広がる"であろう"、緑にあふれた庭と、天窓から見える"であろう"青空を思い浮かべます。
{実際はなんと、雨漏り中...!}
  
  
  
"家長"の座るテーブルの位置には...なにやら偉そうな佇まいのイス!
  
  
  
そう、こちらはペアー"ザウルス"の指定席ですね...
  
  
  
イギリスの冬は、想像力の鍛錬には理想的な環境。





何をするにもどこへ行くにも、"夏になりさえすれば"ここにはきっとこんなに素晴らしい光景が広がっている"はず"、と考えるように努力しないと、とてもやってられませんもんね…
  
  
  
ということで、この窓が実際に全開にできるその日がくることを"想像"しながらの冬の日々。
     
    
    
冬を憂うのはみんな一緒...
猫のプリムソールも、"想像力"を磨きながら元気に暮らしています!
  
  
  
ふと気がつけば、サボテンにこんなにきれいな花。
暗い陰鬱な日々も、こんな彩りが優しい気持ちにしてくれますよね。
  
    
    
遠い夏を思い浮かべながらの日々はまだまだ続きそうですが...
    
  
  
常備長靴がビーチ・サンダルに変わるその日を心の中で描いて乗り切ります!

みなさんも、お体にお気をつけてお過ごしくださいね。

RUST LONDON
  
  
  

15 January 2014

london london... { ロンドン... }


ご無沙汰してしまってスミマセン…!
サボっていたわけでも"冬眠"していたわけでもなく…ロンドンに行ったり、ある"プロジェクト"のためにバタバタしていました。
      
   
  
{めずらしく!}博物館に出かけたり...
  
  
  
東ロンドンの端{の端}に友人がオープンしたアンティーク・ライフスタイル・ショップを見に行ったり、もちろん(!)工房で仕事をしたり...
   
      
 
そしてやっぱりアンティーク・マーケットへ行ったり! 
  
 
  
 クリスマスの後だけに、気持ちを"節約モード"に設定するも、結局屋根からあふれるほど満載...
  
順調な1年の滑り出しといえそうです...?!

RUST LONDON
    
  
  

5 January 2014

new year... { 年が明けて... }


{RUSTメンズのデザイナー内海直仁のFACEBOOKページより}

明けましておめでとうございます!
みなさん、年末年始はゆっくりお過ごしになられましたでしょうか。

ニュースですでにご存知かもしれませんが、イギリスは12月の後半から相次ぐ嵐に見舞われ...
洪水による被害をうけたり、未だに電気が遮断されている方々のことを思うと、窓の外がどんなに暗くて暴風雨が吹いていても、こうしてテレビを見たりアマゾンで買いものをしたり夫婦げんかをしたり(?!)という、くだらない当たり前のことができることが、本当に幸運なことに思えます。

でもそんな、{夫婦げんかを含む}嵐の合間を見つけては外に出て、太陽の光りを浴びて、出来るだけ気分が滅入らないように"奮闘"しています...
こちらはそんなある日の、湿地帯の水鳥を見ながらのランチ。
そこへ寄ってきた白鳥にサンドイッチをすこし分けてあげようとして、手をかまれた時の瞬間写真!

深刻なことではなく、こんなくだらないことが大きなニュースになるような、平穏な1年であることを願いながら...今年の"初Facebook"ポストを書いてみました。
今年もどうか、ラッセル=ウツミ家の珍道中におつき合いいただければうれしいです。
RUSTに関わるみなさんの、ご健康と笑顔をお祈りしています。
そして、洪水の被害にあわれた地域が一日も早く復旧し、日常を取り戻せますように。
N

  
 
**FACEBOOKでは、ブログでは書けない日常の些細なあれこれや込み入った裏話等を綴っています!
友達申請やフィード購読も大歓迎です。
  
{内海のFACEBOOKページ}

{RUST LONDONのFACEBOOKページ}