6 November 2014

blanket holdall〈 ブランケット・ホルダーをプレゼント 〉

RUSTメンズのデザイナー、内海直仁です。
スローライフどころか、ロンドンで暮らしていたときよりも(!)慌ただしい、ワイト島での日々。
 
  
隙を見つけては、庭小屋のアトリエにこもってものづくりに没頭するのが、自分のルーツを取り戻せる時間だったりもするのかもしれません!?
   
  
今回製作してみたのは、植物なめしを施した、いわゆるヌメ革のブランケット・ホルダー。
 
     
イギリスでは、夏でも冬でも大活躍するブランケット。
ホルダーを使えば、かさばりやすいブランケットもスマートに持ち歩けますし、自転車のフレームに巻きつけて、ちょっとだけ遠くへピクニックに出かけたりもできます!
    
     
写真のブランケットは、イギリスの西、ウェールズで作られた、英国産のウール100%。
ユニークなのは、リールに残りの糸が少なくなって、フルサイズを1枚をまるまる織り上げるには足りくなってしまった色を集めて織った柄だということでしょうか。

   
カップルでピクニックをするには、"つかず離れず"の、ちょうどいいサイズ。
そして、1枚1枚、すべて色と柄の組み合わせが違うブランケットです。
つまり、世界に一つだけのパターン!
    
      
実は、RUST東京店では、この週末より、ウェディング・フェアが始まります。
そこで…北ロンドンの革の工房の力を借りて、いくつか追加で製作を開始。
婚約指輪または、結婚指輪をペアでご注文いただいた方、そして、10万円以上お買い上げいただいたみなさんへ、こちらのブランケットと革のホルダーを、セットでプレゼントしたいと思います!
      
        
 詳しくは、RUST東京店のブログに掲載していきますので、ぜひ見てみてくださいね。
 
N