7 August 2014

Helford River { コーンウォールの旅 その6 ヘルフォード川 }

コーンウォールの旅も終盤。
      
        
この日は海から少し離れて…
    
    
ヘルフォード・リバーと呼ばれる、おだやかな川の流れる街にお邪魔してみました!
     
     
夏の避暑地として、たくさんの別荘や、ホリデー用の貸しコテージが集まる小さな村、ヘルフォード。
  
  
RUSTロンドンのツイッターでいくつかご紹介しましたように、家の裏口から川に下りられる階段があったり、自宅から直接船を出せるように、家に船用の車庫が川に面してに併設されていたり...
      
    
水とともに穏やかにに暮らす人々の生活の様子を、少しだけ垣間見ることができます!
  
    
ゴージャスな煌びやかさとは無縁かもしれませんが、本当に豊かな暮らし方ですよね。
  
  
いつかは船で(!)訪れてみたい村です。
**ラッセル=ウツミ家の手こぎボート、"スプラウト号"では、たどり着くのに1ヶ月以上かかるでしょうか...
    
  
こちらはワイト島への帰路に着く前に立ち寄った、怪我や虐待を受けたアザラシのリハビリ施設、シール・サンクチュアリ
  
  
ペアーの喜ぶ顔を想像していたのですが、一番の笑顔はこちら。
1ポンドコインで音楽とともに動き出す乗り物…

ま、そんなものでしょうか。
"親の心子知らず"と言いますもんね!
       
     
こんな珍道中を、大人になってから{乗り物の次ぐらいでいいので??}少しでも覚えていてくれたら嬉しいです!

RUST LONDON