15 February 2014

in the woods... { 森の中で... }

"晴れていても暗い"とまで言われるイギリスの冬。
    
   
  
それに反論は出来ないかもしれませんが...抵抗することはできます?!
  
  
  
ということで、年中無休で運営されている、森の中でのキッズ・グループの集まりに参加してきました!
    
  
    
着いてみたら、冬への抵抗に賛同する(?!)家族づれがたくさん!
      
    
  
全身泥だらけになることが大前提なので、"ここぞ"とばかりに大はしゃぎ。
ペアーも大喜びです!
    
    
    
子供は泥の中に放っておいて、親は日光浴...

      
     
      
冬とはいえ、日だまりにいればずいぶんと暖かいのがうれしいです。
      

    
    
子供たちにとっては"合法的に"泥だらけになれるとあって、日なたに行こうと指を差してもどこ吹く風...
  
  
  
ということで、手持ちぶたさに散策すると、こんなきれいな枝を発見。
RUSTの今度の新作は、松の木の枝がモチーフになる予定です!
{単純でスミマセン...}
     
    
  
家の中では隣の部屋に行くだけでも、イタリアのサッカー選手並みにおおげさに転んでアピールするくせに...

  

つまずいても笑顔、頭をぶつけても...やっぱり笑顔!
    
    
    
どんどん森の奥深くへと進んでいきます。
  
 
  
でもこれ以上は危険なので...このへんで最後の手段。
ペアーに"バナナ・ケーキ"と連呼します。
  
  
  
そう、この日は紅茶に隣の家のおばあちゃんの手づくりバナナケーキ、地面に敷くブランケットの"完全装備"で望んでいたのです。
用意が素晴らしいと、リーダーのおにいさんにも褒められました!
  
  
  
{どちらかと言うと親のほうが??}安堵の表情!
  
  
  
よく遊んだあとのおやつは格別ですよね。
  
  
  
最後に小さなキャンプ・ファイアーで暖をとって、しばし談笑。
  
  
  
その間もおにいさんの手は忙しそうに動いています。
  
    
  
出来上がったのは...手彫りのスプーン!
いつかこんなことが出来る日が来るのでしょうか??
    
    
      
子供はなんといっても遊ぶのが仕事。
と、言うことは...子供を遊ばせるのが親の仕事。
こんなに楽しい"仕事"なら大歓迎ですね!

RUST LONDON