30 December 2013

wight xmas... { ワイト・クリスマス! }

12月25日。
みなさんクリスマスはゆっくり過ごせましたか?

ここワイト島のラッセル=ウツミ家にも、サンタクロースがわざわざ来てくれたようで...
暖炉にぶら下げておいたペアーの靴下もこのとおり、プレゼントでいっぱい!
  
  
   
朝から大はしゃぎ!
なのは...大人約2名。

意外に冷静なペアー...
  
  
   
朝8時を過ぎて、外もようやく明るくなってきた様子。 
  
  
  
いざウォーキングへ??

いいえ...
家の中で一日中テレビを見ながら酔っぱらうのがイギリスの"伝統的"なクリスマスの過ごし方。
ただ窓の外を見ているだけです!
    
      
       
昼過ぎまでかかって(!)家族や近い友人同士で交換したクリスマス・プレゼントを開けていきます。

車用のフェリーやルー・リードのCDなど、なかには"??"なプレゼントもありますが...
どこの家もたいがそんなものですよね?!
    
       
   
そして夕方からは...ペアーも手伝って、クリスマス・ディナーの用意!
    
    
   
テーブル・セッティングもして...
  
  
  
ロースト・ベジタブルに...
  
  
  
長ネギとチーズのパイ!
  
  
    
いわゆる"豪華"なディナーではないかもしれませんが...
  
   
 
家族3人をあたためるには十分な、ささやかな幸せです!
    
    
  
26日はボクシング・デイと呼ばれる祝日。
  
  
  
通常この日{こそ!}は、ウォーキングに出かけるのが伝統。
  
  
  
家から街の小さな砂浜まで...
  
  
  
15分の"長旅"です!
  
  
  
家の裏には湿地と森。
    


その反対側にはヨット港...
     
  
   
ドックには、こんなに古い船も!
  
   
  
そして、奥には小さな砂浜...

    
   
ロンドンまでフェリーを含めて2時間半というアクセスも、この街で暮らす決め手になりました!
    
   
  
クリスマスプレゼントの双眼鏡と虫メガネで探検... 
    
    
  
今のところ、ペアーもワイト島での暮らしをとても気に入ってくれているようですし!
  
  
  
さてさて。
楽しみにしていたクリスマスも終わり、あとは4月まで、ひたすら暗い冬を乗り切ることが課題。
  
  
    
冬至も過ぎて、これから日が長くなっていく(はず)ですし...
    
      
    
きっと大丈夫、ですよね...?!
  
    
  
ブログの更新は滞るかもしれませんが、ただ"冬眠"しているだけですので...どうかご心配しないでくださいね!

それではおやすみなさい...みなさんどうかよいお年をお迎えください!
RUST LONDON
  
  
  

25 December 2013

xmas cracker... { クリスマス・クラッカー }

イギリスでのクリスマスは、日本でいうお正月。
家族そろっていただくクリスマス・ディナーに欠かせないものと言えば...クリスマス・クラッカーです!
  
  
   
買えば全部で数百円で済むのは分かっているのですが...
  
  
   
やっぱり手づくり!
  
  
   
C...H...R...I...S...T...M...
そう、"ハッピー・クリスマス"と綴られています!
  
RUST LONDON


24 December 2013

wreath... { 今年のクリスマス・リース }

毎年のことなのですが...
ドアに飾るリースは、森や庭で集めた葉や花をつかっての手づくりです!
  
  
   
今年は庭にまだ咲いていてくれた、あじさいの花をメインにしてみました!
    
     
     
そこに、老舗デパートLIBERTYのオリジナル生地"リバティー・プリント"でアクセントをつけます。
  
   
  
問題は、ドアを開け閉めするたびに、あじさいの花びらが一枚、また一枚と散ってしまうことなのですが...
とてもとても気に入ってます!
      
      
        
ついでに...こんなキツツキのドア・ノッカーをつけてみました!

{おもに"AMAZONサンタ"ですが...}
プレゼントが届きはじめています!

RUST LONDON
  
  
  

23 December 2013

xmas decoration 2013... { クリスマス・デコレーション! }


小枝をつかんで...
   
    
    
"投入"!
      
  
    
暖炉に火をくべて、お茶を淹れてひと休みしたなら...
  
  
  
{たまりにたまった...}クリスマスの"やること"リストに取りかかります!

イギリスのクリスマスは、日本でいうお正月。
家族総出で{時に口喧嘩もしながら}掃除や飾りつけするのは一緒ですね...?!
  
    
     
家に入ってすぐの、窓際のデコレーション...
  
  
 
暖炉まわりはこんな感じでいかがでしょう?!
      
     
      
このへんでまたひと休み...!?
**なんでもそうかもしれませんが、なにか作ったりデコレートすると、すぐに"試して"みたくなりますよね!
    
  
  
{長らく放置していた}絵も、ようやく壁にかかりました。
  
  
  
リビング・ルームは...
  
  
 
家の裏の森で探してきた枝でデコレート。
  
 
  
機械仕掛けの古いおもちゃのディスプレイも、金色文字のレターリングでグレードアップ!
  
    
  
そういえば、こんな繊細な枝も見つけてきましたっけ。
  
    
   
そこに一昨年のクリスマス・ツリーで使った紙の旗飾りを巻きつけていきます。
  
  
  
毎年ひとつずつ買い足している、ガラスのクリスマス飾り...今年はトナカイ!
{ちなみに去年はクジラでした}
   
  
  
クリスマス・ツリーに飾り付けていく、"ボーブル"と呼ばれるガラス細工...
  
  
  
イギリスではおそらくもう作ってはいないので、アンティーク・マーケットで見つけては、少しずつ集めています。
  
  
  
松ぼっくりやドングリ、ベルにお菓子の家...
その中で使われるのは毎年"ごく一部"なのですが、ついついいろいろ買ってしまいますね...
    
    
    
アルテミス製作のカーテンも取り付けて...
  
  
  
松ぼっくりのキャンドルも"整列"。
  
  
    
こちらの彼(彼女??)にも、用意していたクリスマス・ハットを。
これで用意は整いました!
  
  
  
そうこうしている間に日が暮れてきたので...
  
  
  
ライトを点灯していきます!
  
  
  
キャンドルにも火を灯して...
  
  
  
一気に気分が高まります!
      
         
   
一部の地域では"雪"も観測されたことですし...
なんとか無事にクリスマスを迎えられそうです!

RUST LONDON