28 November 2013

new house... { 新しい家の"ディスプレイ" }

家族総出でのペンキ塗りも終えて、ようやく落ち着いてきたラッセル=ウツミ家。
新しい{と言っても築100年以上のボロ屋ですが...}家の中をご紹介しますね!
  
  
  
まずはリビング・ルームから。
  
  
 
"基本的に"モノが増える一方のラッセル=ウツミ家。
以前は収納からあぶれて、{というよりも一度も収納されることなく??}床が散乱しがちでした。
その反省を込めて...
      
           
      
"ディスプレイ"の力をつかって解決することにしてみました!
ガラクタも、こうして見ると、宝物に変わりますよね。
  
  
  
まあそれでも、ものが増え続けていることに変わりはないので?!
  
   
  
根本的な解決にはなっていないという意見もちらほら聞こえてきますが...
      

    
    
まずは大きな進歩です!
  
  
  
ソファーまわりもすっきり{の、つもりです...これでも}。
   
   
   
こちらは世界最小の動物園!?
アルテミスのコレクションたちも、ちゃんと"ディスプレイ"されてます...!
      
          
        
続いてダイニング・ルーム...
  
  
  
キッチンを隔てて、手前の小さなダイニングと、奥の大きめのダイニングという構成です。
  
  
  
手前のほうは入り口に近いので、油断していると、すぐに靴やバッグ、コートが散乱しがち。
写真を撮るということで片付けたのに、予想どおり、翌日には"いつもの"状態になってました...
     
     
    
きれいな朝焼けや夕暮れ時には、家の裏に広がる草原にすぐに飛び出せるように...
帽子やマフラー、長靴に野外用ジャケットを常備!
  
  
  
{"すぐに"飛び出しすぎて、こんなことも時にはありますが...}
雨上がりの草原もすごくきれいです!    
    
  
    
さてキッチンは...
  
  
  
料理はほとんどしないと公言しているだけあって、いたってシンプル。
無視して通り過ぎてもいいレベルです...?!
  
  
  
大きなほうのダイニングは、この間のペアーの1歳の誕生日でお披露目したとおり。
  
  
  
{写真を撮るための片付けをはぶきたいので?!}
そちらを見てみてくださいね...!
          
       
   
しいて変化があるとすれば、このストーブに"火"を入れたことでしょうか。
  
  
  
もちろん本物の火ではなくて、間接照明のライトとして使ってます!
    
  
  
さて2階は...
  
   
  
廊下の奥に、バスルーム。
   
  
  
鏡や浴槽、タイルに蛇口、シンク...
本当は手を入れたいところだらけなのですが、それを全部するには予算的にあと5年は難しそうなので??
  
  
   
タイルにペンキを塗ったり(!)という苦肉の策でごまかして、当面を乗り切る予定です。
  始めからすべてを思いどおりに100%手に入れることはできませんもんね。 
少しずつ、少しずつ...
      
      
    
シャワー・カーテンを変わったデザインにして、そちらに目を向けることに成功、といったところでしょうか。
  
  
  
散乱しがちな石けん類も"ディスプレイ"の力できれいにまとめてみました。
  
  
  
つづいてペアーの部屋も、 ダイニングと同じ理由で片付けを省くために、"リンク先"を張らせていただきますね...
  
  
  
特に大きな変化はなしです。
{散らかってる以外は...}
  
     
   
そして最後にベッド・ルーム! 
 ギターもポーチも"ディスプレイ"。 
  
    
    
暖炉の上には、古いワイト島の地図を貼ってみました。
これも一種のディスプレイ!?
  
  
  
{この整理整頓された状態が何日つづくかは別として...}
このワイト島での新しい家を、とてとても気に入ってます。
春になったら、庭のほうも本格的に"ディスプレイ"していこうと思います!

RUST LONDON
  
    
  

17 November 2013

life on the island... { ワイト島での暮らし }

ずいぶんと慣れてきた、ワイト島での暮らし...
  
  
  
なによりも気に入っているのが、家の裏に広がるこの湿地帯です!
    
    
    
時計の針を1時間早めるサマータイムが終わり、秋を一気に飛び越すようにして冬に向かうこの時期。
  
  
  
季節の変化を毎日感じることができるので、時間を見つけてはカメラを手に散策しています!
**RUSTのツイッターで、その写真を乱発(?!)していますので、気が向いたらぜひ、見てみてくださいね。




こちらは朝焼け。
  
  
  
島とはいえ、ロンドンと同じくらいの大きさがあるので...
水平線ではなくて、丘の上から太陽が昇ってくるイメージです。
  
  
  
朝は、夕陽に比べて赤の光りが多めでしょうか。
  
  
  
鏡のように穏やかな水面を揺らす水鳥たち。
  
     
    
これなら毎朝早起きして外に出てもいいかもしれません!
  
  
  
**翌朝は霜が降りて、凍えるような気温!
"毎朝"の散歩発言は...撤回です...!
  
  
  
さてさてもうひとつ大きな変化と言えばこちら。



ラッセル=ウツミ家のファミリーカーが、新しくなりました! 
{"新しい"と言っても40年以上も前の車ですが...}
    
    
    
MINIができる前のイギリスの国民車"モーリス・マイナー"です!
      
    
  
この車...そう、車体の後ろの枠が、木で組み立てられています!
    
  
  
中から見ると...まるで古い電車に乗っているようにも見えますよね!?
      
    
    
最近、道行く犬を見かけてはドギー(doggy = 子供言葉で犬)と叫ぶようになったペアー。
{しかも、喉をうんうん鳴らして"会話"しようとします...}
  
  
  
正面についているモーリス社のメーカー・マークは赤い"牛"なのですが、それを見ても"ドギー"...
   
  
  
...ということで、この車の名前は"ドギー"になりそうな気配!
    
    
    
それにしても、ワイト島で暮らしていてやっぱり楽しいのはウォーキング。
    
    
    
島のあちこちにある自然の散歩コースめぐりが、日々の楽しみになりそうです。
  
 
  
**"気温と相談"して、と付け加えておきますが...!
  
  
  
ゆっくりでいいので、できる限り自分たちの足でみてまわって...
その様子をお伝えしていきますね!

RUST LONDON