31 May 2013

greenwich park... { グリニッチ公園での散歩 }

キャンパー・バンの"LEWES"を繰り出して、田舎へキャンプへ!
ではなく...ロンドンの街をうろうろ散歩するのが最近のラッセル・ウツミ家のブーム。

    
  
  
住むとなるともちろん手は届きませんが...
きれいな住宅街に車を停めて、車内のテーブルを組み立てて、お茶を沸かしてしばしゆっくり。

キャンプだけではない、"移動式のリビングルーム"という使い方です!?
{というよりも、あまりに天気が悪く、キャンプどころではないので...苦肉の策ですね!}
           
            
           
この日訪れたのは...ロンドン屈指の高級住宅街グリニッチ・ビレッジ!
お洒落な個人経営のお店が並びます。
    
    
  
 道行く人たちも、なんだかスタイリッシュですよね! 
    
    
    
紅茶とケーキでお腹を満たして...
{お昼寝を我慢して}散歩へ!
    
    
     
グリニッチ公園です!
数百年も変わらない公園の風景と、その奥に広がる超近代的なビル群のコントラスト。
こんな景色を見ると"ロンドン"を感じますよね...
     
     
     
それにしても、あまりにひどいこの春の天気。
   
  
  
ジャケットやニットを重ね着して、あたたかいお茶なしには...
公園の真ん中で遭難してしまいそうになります...?!
  
  
   
でも、よ〜く目をこらしてみると... 
  
  
  
このとおり...
    
     
  
春の息吹!
  
   
  
公園の木々も、あたたかい季節がくるのを楽しみにしているのが感じられます!
   
    
     
さて、どうなることでしょう...?!

 RUST LONDON
  
    
  

30 May 2013

Pehr's quilt... { ペアーのキルト! }

アルテミスによる"無償の愛"シリーズのつづきです...
 
   
  
手づくりのキルティング・ブランケット!
  
  
  
ライド、サンダウン...なんだか見慣れた地名...??
そう、アルテミスの故郷ワイト島がプリントされた、ビンテージのスカーフを再利用しました!
    

       
       
たしかに...この手の"おみやげ"ものの生地って、そのままではなかなか使いづらいですよね。
でもこうしてパッチワークにすれば解決!
  {故郷の島がバラバラになってしまうのはあれですが...}
     
  
    
とにかく(!)ペアーはとても気に入ってくれたようです!

RUST LONDON
    
    
    

28 May 2013

isle of wight... { ワイト島へ! }

厚い厚い雲に覆われた、イギリス本土に別れを告げること...
   
   
   
15分...!
{そう、実はけっこう近いのです!}
     
    
     
アルテミスの故郷、ワイト島へやってきました!
  
  
   
今回の目的は...
ペアーのいとこの女の子アメリーの、1才の誕生日のお祝いです!
     
     
  
ご存知のとおり、今年のイギリスは30年に一度の寒い春...
 
  
 
夏の風物詩"ビーチ・ハット"と呼ばれる海の家も、ちょっと色あせて見えますが...
  
  
  
はしゃぐ犬と同じくらい元気な人が約1名...
  
  
  
そう、10月生まれなので、まだ"夏を知らない"んですもんね...
  
  
  
不満の言いようがないのかもしれません!
    
    

"5月、コートを着てビーチ"の図...
{無言の抗議?!} 
        
   
  
手前の茶色い地面は何だと思いますか??
なんと、"森の化石"だそうです!
  
  
  
犬に触れたり...
  
  
  
小さな貝がらを見つけたり...
そんな平穏がうれしいです。

{...と、寒さから無理やり気をそらしての旅でした!}

RUST LONDON
  
  
  

27 May 2013

seal wax wallet chain... { シール・ワックスのウォレット・チェーン }

イギリスの印鑑証明"シール・ワックス"を使った新作に...ウォレット・チェーンが加わりました!

細身なのに存在感のある、装飾の施されたチェーン... 
{ブレスレット同様に、参考商品なので、製作に12週間ほどお時間をいただいています}

さりげなくシャツの下から見えるのもお洒落ですし、ビクトリア時代の懐中時計用のチェーンのように、ジャケットの上に身につけても素敵ですよね。

こちらシール・ワックスをモチーフに使った新作のコレクション...
ロンドンでは今、二つ折りのウォレットと名刺入れの製作も進んでいます。
{忘れたころに出来上がってきますので...}お楽しみに!

SWWC01: seal wax wallet chain
¥79,800

**写真の作品は参考商品のため、一部デザインが変更になる可能性があります。

RUST LONDON
   
  

26 May 2013

plain seal wax pinky ring... { シール・ワックスのピンキーリング }

イギリスの印鑑証明"シール・ワックス"をゴールドで鋳造した、メンズの指輪の新作は...
あえて装飾を入れずに、シンプルなデザイン!
 
先日ご紹介した小指用"ピンキー・リング"に続いて、中指や人差し指に身につけられる、すこし大きめの指輪を製作してみました。

RUSTのリングは、オーダーメイドが可能です。
指のサイズを測って、デザインと素材を決めて...
指輪の内側には、ロンドンの職人ダレンによる手彫りのメッセージを刻むことができます!

約12週間を経て製作され、ロンドンの職人たちから東京店、そしてご注文いただいたみなさんに届けられる、ユーラシア大陸をまたいでの"もの作り"リレー...

ひとりの職人がなにかの理由で遅れても、もうひとりの職人が挽回してくれる...頼もしいチームになりつつあります!
{それには10年ほどかかりましたが...}

SWRG02: plain seal wax pinky ring
¥39,900

RUST LONDON
    
      

20 May 2013

antique fair... { アンティーク・マーケット! }

ロンドンから南へ1時間半...
      
    
    
サセックス地方アーディングリーで開かれた...アンティーク・フェアに行ってきました!
    
    
    
それにしても...本当に予測不可能な天候の、今年のイギリスの春。
雪が降っても大丈夫なように、そりも(!)持ってくるアンティーク屋の準備のよさも理解できます...
   
    
   
でも心配はご無用...
天気に恵まれて、プール日より!

  
  
  
迷うことなく...PEHR用にひとつお買い上げです!
      
      
   
こちらも...
    
  
  
あれも...
  
  
  
これも...!
    
  
  
とにかく、迷ったら"買い"ですよね!
  
   
  
 一期一会のアンティーク...
"買わずに後悔"するよりも、"買って後悔する"のが鉄則ですから!
  
  
   
この日の一番の収穫はこちら。
実際に縫いもののできる、電池式ミニ電動ミシン...しかも、日本製です!
みんな興味津々。
    
    
    
お昼は太陽を浴びながらの..."パスティ"に! 
元々は炭坑で働くおじさんたちのお昼だった料理ですが、ここ数年でトレンディーな国民食として、すっかり定着しました。
祝杯で...大漁のお祝いです!
    
         
      
みんな朝からずっと歩きっぱなしでヘトヘトなのに、とびきり元気な人が...約1名!
"馬乗り"になって上からびしばしと、ムチをふるってます...
 
  
   
生後6ヶ月にして、"這ってでも"アンティークを探しにいく姿勢...
将来が楽しみというか、心配というか...判断に迷うところですよね。

**アンティークにお金を使い込みすぎて、経営が大きく傾いた会社をよ〜く知っていますので...??
   
    
   
先のことはさておいて...
家族で過ごす今この瞬間を...とにかく楽しみたいと思います!
  
RUST LONDON
     
    

19 May 2013

seal wax bracelet... { シール・ワックスのブレスレット }

イギリスの印鑑証明"シール・ワックス"を使った...新作のブレスレットをご紹介します!

ゴールドで鋳造された、石柱に蛇がからまって形づくられる"R"に...
細かな線模様の細工が施された、シルバーのチェーンを組み合わせてみました!

細身なのに、存在感のあるこのチェーン...
シャツの袖から、さりげなく見えるイメージです。

一目惚れしたこのチェーン、現時点では量産にいたらない"参考商品"なので、製作に12週間ほどかかってしまうのが残念ですが...
これも自己資本の独立した小さなブランドの宿命と割り切って、前に進んでいこうと思います!

SWBL01 seal wax bracelet with patterned curb chain
9ct: ¥45,150

RUST LONDON
  
  

18 May 2013

seal wax necklace... { シール・ワックスのネックレス }

イギリスの印鑑証明"シール・ワックス"を、ゴールドで鋳造して、シルバーのトップと組み合わせた...コンビのネックレスです!

モチーフは、ローマ時代の石柱に蛇が巻きついてかたち作られる、RUSTの頭文字"R"。
蛇の紋章は、ロンドンの救急車にも使われるもの...きっとなにかのお守りになってくれることでしょう!

トップのシール・ワックスの部分は、ロンドンの工房にて...
火であぶった"ろう"に、モチーフが左右反転に手彫りされた銀製の印鑑"シール"を押し付ける、伝統的なやり方でひとつひとつ製作しています。

上手にワックスが仕上がるのは、はじめは10個つくって1つ使える程度でしたが...
最近はようやく慣れてきて、3個に1つぐらいの割合でしょうか。

けっこう孤独な作業だったりもしていますが...
やっぱり納得のいく出来上がりの作品を見ると、とても嬉しくなります!
{メンズの作品...相変わらず生産性とは無縁の世界ですよね...}

SWNL01: seal wax necklace with trace chain
9ct gold top: ¥39,990

RUST LONDON