27 April 2013

RUST wedding fair... { RUST東京店のウェディング・フェア }

RUST東京店のブログをご覧のみなさんはご存知かもしれませんが...
この4月末の連休から、RUSTのウェディング・フェアーが始まります!

期間中に結婚指輪をご注文いただいたみなさんへ...
ロンドンのアトリエでご用意したプレゼントは、何やら刻印の入ったシルバーの丸いタグ。

よく見ると...
    
    
  
表には、お2人のイニシャルが入ります。
  
  
  
裏には...
去年の夏に訪れたパリの蚤の市で見つけたアンティークの刻印と、お2人の記念日!



RUSTロンドンのアトリエで、メンズのデザイナー内海がひとつひとつ製作してプレゼントする小さな銀のタグ...
リバティー・プリントのひもに通してお届けします。
{1組のカップルへ2つお作りしますので...ペアで身につけていただければ嬉しいです!}

くわしくは、RUST東京店のブログを見てみてくださいね。

RUST LONDON 
  
  

24 April 2013

seal wax collection...! { 新作...シール・ワックスのコレクションです! }

RUSTメンズの、久しぶり(!)の新作は...
シール・ワックスと呼ばれる、イギリスの印鑑証明の"ろう"を使ったコレクションです!
  
シール...ワックス...
聞き慣れない言葉が並びますよね?!
  
 
英国では、日本で言う印鑑に当たる、"シール"と呼ばれる個人や組織の承認印があり...
溶かしたワックス(ろう)の上にその印鑑を押し当てて固め、"SEAL"の文字通り、封印をつくって、公文書や手紙を承認・保存したりします。

そう...映画の世界ではなく、いまだに続いている、イギリスの伝統文化です!
  
  
  
シールには、いろいろな形があり、金や銀素材でできた印鑑型のもや、宝石に直接彫られたもの...
指輪の台座に家紋が刻まれた、"シール・リング"もよく聞きますよね。

左右が反転された状態で手彫りされる、英国の伝統技術。
もちろん今回も、ロンドンの職人ダレンにお願いしました!
    
     
    
家の紋章や、自分のサイン、イニシャルまで、いろいろなスタイルのシールがありますが...
今回RUSTで製作したのは、ローマ時代の石柱に蛇が絡まってできた"R"の頭文字。

実際にロンドンのアトリエで、ロウを加熱して、ひとつひとつ押印したシール・ワックスを、9カラットのゴールドで直接鋳造するので、すべて微妙にちがう形をしています!

これから数日に渡って、新作をお披露目していきますね。

**ロンドンのアトリエでやっと出来上がってきたばかりですので...
直営店への入荷まで、今しばしお待ちください!
  
RUST LONDON
    
  

21 April 2013

london fashion... { ロンドンのトレンド... }


{RUSTメンズのデザイナー内海のfacebookより...}

{無謀なことに...}僕にロンドン・ファッションのトレンドを聞かれる方が、ごく稀にですがいらっしゃいます...

ご存知のとおり、僕たちはパリ・コレクションを卒業{というか落第}してちっぽけな直営店をオープンする道を選んだので、トレンドとはもう縁のない、しかも"子育てブログ"な日々。

こんなにインターネットの普及した今...
アトリエという"実験室"で、気の向くまま自由に製作して、直接ファンのみなさんに向けて発表していった方が、年に2回のコレクションという限られた機会にセレクトショップのバイヤーやトレンドへ迎合しながらもの作りをするよりも、ずっとクリエイティブでいられると思うんです。

そのへんの"込み入った"お話しはさて置いて...!
ロンドンのトレンドについて強いて言ってみれば、日本で人気のイタリア系ファッションは、きらびやかで格好良過ぎるせいか、イギリス人にはやや敬遠されがちかもしれません...

ロンドンの男性が好むのは、やっぱりイギリスっぽいディテールを持ちながらも、北ヨーロッパ・スカンジナビアの、どこかちょっとだけ素朴さを感じさせるコーディネート。
**ただ単にイギリスが寒いだけ...??

このジャケットお洒落だなあ〜と思って見ると、デンマークやノルウェーのデザインだったりもして、ますます注目しています!

とか言っておきながら、鋭い方はもうお気づきだと思いますが、今日のこのジャケットには"Ceder Wood State"のタグ...そう、イギリスの国民的ブランド"PRIMARK"!
15ポンド(約2200円)のこのジャケットがこの春の一番のチョイスです。

でも隣の小さいジャケットは...それ一着の値段で両親2人の全身が揃うほどの.......
う〜ん..."子育てブログ"な日々は続きます...
N
  
 
**内海のfacebookでは、あまりブログには書けないような、日常のボヤキつぶやきを綴っています!
よかったらフィード購読または友達申請をしてみてくださいね。
  
  

17 April 2013

Pehr's house... { PEHRの家... }


なんだか...わかりますか...??
   
  
   
ドアを開けて、なかをのぞいてみると...
誰か...います...??
   
  
  
そう、ペアーの家です!
  
  
  
ベッドルームとリビングがいっしょになった、英国で言う"ステューディオ"ですが...
  
  
  
れっきとした一軒家です!
  
  
  
こちらは..."設計図"...??
    
  
  
そう、ホームセンターへ買い出しに行って...
{おんぼろの車になんとか"収まり"ました...??}
    
    
  
木の丸い棒を切り出して...



骨組みの製作...
"施工主"さんのチェックもクリアできたみたいです!
   
  
   
次はこちら...
  
  
   
外壁と屋根の施工!
  
  
   
"設計図"をもとに、フリーハンドでちょきちょき...
  
  
  
ドアの寸法もチェックしながら...
  
  
   
ミシンで一気に縫い上げます!
{ご近所のみなさんを起こさないように、ミシンの下に枕を敷いて...}
    
    
     

完成です!
振り返ればあっという間ですが、深夜に及ぶ大工事でした... 
     
    
    
壁と屋根には、14オンスの厚手キャンバス。
ドアにはリバティー・プリントを使いました。
  
  
   
窓は薄いガーゼ生地なので、中からは、ちゃんと外の景色が見えるようになってるんです!
  
   
  
でもこのペアーの家...結構な大きさですよね...

ちっぽけな今のラッセル=ウツミ家のリビングでは到底維持できないので、すぐに解体してしまうことになるのですが...
ペアーも、つかの間の"自分だけの部屋"を満喫してくれたみたいです!

いつか、PEHRのおうちを建てたまま暮らせるような、広さに少しだけゆとりのある家に住めることがささやかな夢です...
 {ビジネスそっちのけな、今の"子育てブログ"の日々では、当分このままでしょうけれど...}

RUST LONDON
    
     

14 April 2013

east end... { イースト・エンドへ...! }

今日ご紹介するのは...家の近所にある、とびきりお洒落なお魚屋さん!
  
  
  
と、いうのは冗談で...
ロンドン東部"イースト・エンド"にある蚤の市、スピタルフィールズ・マーケットに行ってきました!



さっそく素敵なカメラを発見...
  
  
  
ぬいぐるみ...



靴に...
  
  
  
 こんなトップハットまで!
    
        
     
とにかくいろいろなものがありましたが...
買ったのは結局ペアーのもばかり。
  
   
  
キャンプ用の折りたたみハンガー。
   
  
  
こちら、見かけは単なる古ぼけた日傘。
でも、開くと...



こんなに鮮やかな光りがふり注ぎます!
  普段は太陽好きな2人ですが、ペアーには日差しがきついので、砂浜で使うつもりです!
  なんて、気の早いことをぼんやり考えて...
      
  
      
今年の長い寒さのせいで、気持ちはちょっとだけ落ち込み気味ですが...
この冬のトンネルも、いつかは抜けるでしょう!?
{問題はそれがいつになるか、ですが...}
     
    
  
こんな、古いテニスラケット・バッグも見つけました!
日傘やランチを詰め込んでピクニックへ...
{まだまだ"想像の世界"ですが}
    
    
     
寒くても、アンティークがどんどん値上がりしていても(!)...
        
        
    
"魚"を気に入ってくれたので、今日のところはそれでよしとします!
  
RUST LONDON



9 April 2013

easter... { イースター... }


通常であれば、春の訪れを告げるイギリスの祝日イースター。
青い空、優しい日差し、どこからともなく漂う刈ったばかりの芝生の香りに包まれて...という、夢にまで見た(!)春のサイン。
となるはずだったのですが...現実には50年ぶりという寒さの今年のヨーロッパです。
       
         
  
RUSTとキリスト教とは何の関係もありませんが...
せめて、まだちゃんとした太陽の光を見たことのない(!)ペアーを元気づけようと、家で手づくりイースターのお祝いをすることになりました!
  
    
     
淡い黄色の包装紙でつくった水仙...
{もちろん型紙なんてものはなく、フリーハンドでちょきちょきいきました}
   

           
これを糸で連ねて...
   
  
  
 壁にこのとおり...
ほのかに春の香りが漂ってきそうです!
{気分の問題ですね}
  
  
  
イースターと言えばチョコでできた卵ですが、ペアーはまだチョコレートが食べられないので...
カードを手づくり!
  
  
   
{いずれにせよ口を大きく開けてかぶりついていましたが...}
  
  
  
ペアーへのメッセージ...
       
      
   
初めてのイースター...
  
  
   
小さすぎてまだ何もわからないかもしれませんが、とにかく楽しいひと時を過ごしてくれたなら嬉しいです!
  
RUST LONDON