life on the island... { ワイト島での暮らし }

ずいぶんと慣れてきた、ワイト島での暮らし...
  
  
  
なによりも気に入っているのが、家の裏に広がるこの湿地帯です!
    
    
    
時計の針を1時間早めるサマータイムが終わり、秋を一気に飛び越すようにして冬に向かうこの時期。
  
  
  
季節の変化を毎日感じることができるので、時間を見つけてはカメラを手に散策しています!
**RUSTのツイッターで、その写真を乱発(?!)していますので、気が向いたらぜひ、見てみてくださいね。




こちらは朝焼け。
  
  
  
島とはいえ、ロンドンと同じくらいの大きさがあるので...
水平線ではなくて、丘の上から太陽が昇ってくるイメージです。
  
  
  
朝は、夕陽に比べて赤の光りが多めでしょうか。
  
  
  
鏡のように穏やかな水面を揺らす水鳥たち。
  
     
    
これなら毎朝早起きして外に出てもいいかもしれません!
  
  
  
**翌朝は霜が降りて、凍えるような気温!
"毎朝"の散歩発言は...撤回です...!
  
  
  
さてさてもうひとつ大きな変化と言えばこちら。



ラッセル=ウツミ家のファミリーカーが、新しくなりました! 
{"新しい"と言っても40年以上も前の車ですが...}
    
    
    
MINIができる前のイギリスの国民車"モーリス・マイナー"です!
      
    
  
この車...そう、車体の後ろの枠が、木で組み立てられています!
    
  
  
中から見ると...まるで古い電車に乗っているようにも見えますよね!?
      
    
    
最近、道行く犬を見かけてはドギー(doggy = 子供言葉で犬)と叫ぶようになったペアー。
{しかも、喉をうんうん鳴らして"会話"しようとします...}
  
  
  
正面についているモーリス社のメーカー・マークは赤い"牛"なのですが、それを見ても"ドギー"...
   
  
  
...ということで、この車の名前は"ドギー"になりそうな気配!
    
    
    
それにしても、ワイト島で暮らしていてやっぱり楽しいのはウォーキング。
    
    
    
島のあちこちにある自然の散歩コースめぐりが、日々の楽しみになりそうです。
  
 
  
**"気温と相談"して、と付け加えておきますが...!
  
  
  
ゆっくりでいいので、できる限り自分たちの足でみてまわって...
その様子をお伝えしていきますね!

RUST LONDON
  
 
  

Popular Posts