devon & cornwall...! { デボンとコーンウォールへの...キャンプ! }

{少し前のことになってしまいますが...}
今回のキャンプは、英国の西の果て、コーンウォール地方です!
  
  
  
さっそく...キャンプ・ファイアー....??
    
    
  
そう、遠い遠いコーンウォールへ向けて...一日中運転だったんですね!
しかも実はまだ、コーンウォールの一歩手前のデボン地方。
{ちゃんと計画を立てないとこうなります...}
      
      
 
朝起きて、顔を洗って旅立つはずが... 

  
  
ここデボンもまたすごく素敵なエリア。
ただ通り過ぎるにはあまりにもったいない...??
    
      
    
ということで、古めかしいティールームを近くに発見。
    
    
    
紅茶とケーキ"だけ"で、今度こそ旅立つつもりが...
  
  
  
まるで博物館のような内装に引き込まれ...
    
    
  
 すっかり足止め。
  
  
  
今さら"じたばた"しても遅いので...
  
  
  
開き直ってランチに!
    
  
  
しかもしかも、"いかにも"デボンなビーチが目の前に...
  
  
 
さらに、"一人シンクロ"を始める人もいたりして...
  
  
  
またまた足止め。
    
  
  
結局コーンウォールについたのは...
  
  
  
日没の一歩前。
夏のイギリス...夜10時まで明るいのは天の恵みですね!
{反対に冬は"地獄"ですが...}
  
  
  
さっそくキャンプの用意。
2泊以上するときは、キャンパーバンではなく、テントを張ってゆっくり夜を過ごすことにしています!



板につきつつあるペアーの"寝カプセル"。
こうしてベッドとテントの間に固定しないと、夜中にカプセルごと徘徊することになります...
    
    
    
このゆったりな空間をすこしでも楽しむのかと思いきや、間髪入れずにzzzzz....
まあ...寝付きがいいのが一番なんですけれどね!
   
  

翌朝訪れたのは、コーンウォールの小さな港町ポーペロ
  
  
  
街というよりは小さな村...
    
    
    
あまりに細い路地に、間違って大きなキャンパーバンで街中に迷い込んでしまい大変な目に遭いました!
   
    
  
もし訪れる際は、村の入り口の駐車場に車を停めることをおすすめします...
      
      
    
かつての漁港としての街の表情は薄れ、観光が大きな収益なのでしょうね...
    
    
    
朝は漁に出て、日中はガイドとして海をクルーズする漁師のみなさんもたくさん。
  
    
  
というわけで当然のように(?!)漁船にお邪魔してきました!
   
  
  
やや気性の荒い"船頭さん"でした...
ペアーの視線に気づいてちょっと張り切りすぎたのかもしれませんね!
    
   
 
さて日が変わってこちらは...高級ホテルの窓からの景色!
というのはもちろん真っ赤な嘘で、たまたま車を停めた高台にある駐車場からの景色ですね...
      
    
    
ここから見える、大きな川の河口を渡って、対岸の街フォウイーに行ってきます!
    
   
   
この船に乗って...??
いいえ、ちいさなボートが10分おきに往復しています!
それにしても、なんて独創的なデザインの船なのでしょう...
    
    
    
ここフォウイーは、典型的な古くからのイギリス南西部のリゾート。
{さらに}ゆったりとした空気が流れ、とても賑わっていました!
    
      
  
透き通った海を見るとすぐに飛び込みたくなる人(?!)は、水着を下に身につけて街を歩くことをおすすめします!
  
  
  
もちろんアンティーク・ショップも"完備"。
  
  
  
素敵なレストランや、ライフスタイル・ショップもあって...
      
   
     
家族みんなで楽しめる街!
  
  
  
たくさんの犬たちに、ペアーもご機嫌でした...
  
  
  
今夜はこの街でゆっくり豪華ディナー、のはずが...
駐車料金をなんと、18:00までしか払っていなかったことが発覚。

あわててまた河口を渡って、高台の駐車場まで子供を背負って"坂ダッシュ"...
キャンパーバンをレッカー移動されるわけにはいかないとはいえ...あまりに尻下がりな結末。
いろいろな意味で"ラグジュアリー"には縁のないラッセル=ウツミ家です...
    
    
    
気持ちを切り替えて(!)翌朝にやって来たのは...
  
  
  
ランティック・ベイという...まるで秘境のような砂浜!
  
  
  
青い海、白い砂浜...
そんな写真に惹かれて即決したのが最後、"秘境"の字のごとく、とにかく困難な道のり!

炎天下のなか子供を背負って、道なき道を1時間もさまよったでしょうか...
{その間の写真が1枚もないのが、どれだけ大変だったかを物語っています...?!}
  
  
 
ようやく到着!
  
  
  
迷わず一直線に海に飛び込んで...
  
  
  
やっとランチ!
ぬるくなったクリームとイチゴに、風で巻き上げられた砂風味で"歯ごたえ"もある、それはそれはとても豪華なものでした...
        
       
 
しばし休んで、今度はこの行程を巻き戻し...
いえ、上り坂なので、さらに険しい道のりのはじまりはじまり......
    
    
    
本当はコーンウォールの終着点、"地の果て"ともよばれる先端まで行きたかったのですが...
この珍道中で、そこまで押すのは無謀と判断。
   
    
   
この旅の終着点はこちら...エデン・プロジェクトに決めました!
  
  
  
ここでは、かつての採石場の跡地に、まるでドーム球場のような巨大なカプセルを製作。
中では...南の国や地中海沿岸の風景が再現されています!
    
    
  
ロンドンの公園では絶対に見ることの出来ない植物たち...
  
  
  
小さな子供から大人まで楽しめる空間!
{すくなくとも"珍道中"になるリスクはあまりないと言えますよね...??}
      
  
  
この大きなカプセルの中で、自然のサイクルをまわすという壮大なプロジェクト...
  
  
  
リサイクルやエコロジー...
  
  
  
蝶をはじめとする昆虫の孵化を手伝って、生命について学んだり...
  
    
    
とても勉強になります!
  
  
  
もちろん(!)おみやげショップも...
  
  
  
カフェも充実!
  
  
  
ぜひまた訪れたいと思いました!
    
    
    
"現実逃避"なキャンプの旅も、今年はこれで終わりでしょうか...
少しずつ、そして確実に秋の気配が近づいているのを感じるイギリス。
          
      
  
でも夏が終わるその前に、もうすこしだけ"悪あがき"も計画中です!

RUST LONDON
  
  

Popular Posts