camping in sussex... { サセックスでのキャンプ! }

"お決まり"のお城...
    
  
  
飛び交うカモメに...
  
  
   
トップレスの美女...?! 
  
  
  
25℃を越える"猛暑"のロンドンを抜け出してビーチへ...
イギリス南部サセックス地方へ、キャンプにやってきました!
   
       
   
今回の楽しみ(?!)は、こちら...
  
   
   
ペアーのキャンプ用寝袋、ならぬ..."寝カプセル"。
これで夜間徘徊を未然に防いで、安眠を確保します!
前回はこの丸いテントの中をぐ〜るぐる、でしたので...
       
      
       
動物たちがいると大興奮なので、きっと夢の中でも追いかけ回しているのでしょうね...
   
    
   
どうやら無事眠りについてくれたようです...
ここでコソコソと火を起こして、ワインでささやかな乾杯です!

でもあまりにくたびれて、zzzzz.....
なにも思い出せないのがいつものパターン。
   
   
     
目覚めの良い朝...
  
  
   
というのも、鳥たちが{親切にも...!}朝早くにペアーを起こしに来てくれるので!
だれが一番食べものををくれるのか、ちゃんと計算済みの様子です。
   
  
   
砂が気に入らないという人が約1名いて"拒否権"が発動されたため、2日目は小石のビーチへ移動...
    
  
   
"睡眠不足"と"移動"でどれだけ疲れてもお構いなし...どんどん要求をエスカレートしていきます。
それはともかく(!)どこまでも続くこの断崖絶壁の海岸は、何度足を運んでも飽きることはないかもしれません。
    
    
     
イギリスではめずらしいこんな出会いも...
   
  
  
...潮が引いて、ちいさな砂浜を発見。
  
  
   
反応は...??
    
  
   
昨日に比べるとまだ慣れたほうですが、それでもぐずぐず...
なぜ赤ちゃんはみんな砂を嫌がるのでしょうね?? 
    
  
  
この晩もこちらへ...
  
  
  
最後まで抵抗してはみますが、なんとかzzzzz.....
  
生まれてすぐの頃からパブやアンティーク・マーケットに連れ出して来たので、適応能力はそれなりに身についてきたように思います!
    
    
  
3日目は運転をお休み。
近くのお城、ペベンシー城へ、ゆっくり散歩することにしました。
    なかなか歩くことのない距離を、シャツの袖をまくり上げて出発!
       
   
     
廃墟となったこのお城。
その古い歴史に興味があった(???)のと...
  
   
  
ガイドに書いてある"カフェあり"の文字に同じくらい惹かれてやって来たのですが...
管理人のおじさんのデスクの脇にある、しょぼくれたコーヒーマシーンがそれだったようで、一同一気に意気消沈。

  
  
  
一時は捕虜収容所として使われていたことのあるこのお城を、すぐに脱出(?!)して、近くのパブに避難しました...!
       
    
     
5合目(??)に位置するベースキャンプまで、なんとか無事に帰還...
    
  
    
でも、平穏もつかの間...
今回のキャンプ場は、たくさんの動物が飼われている農場。
約1名、這ってでも(!)お目当ての場所に行きたがる人がいるので、渋々つき合うことに...
  
  
    
まずは子豚たちがお出迎え...
    
    
    
気が合うのでしょうか...
そう言えば、どこか似てますもんね...
  
  
   
そう、鼻のあたりが...??
    
    
  
 でも、なにも食べものが出てこないと知るや、み〜んな一目散にあちらへ...!
  
    
   
初めて見るポニー...
  
  
   
初めてのものは、なんでも触ってみないと気が済まない人が約1名...
   
   
   
優しい目をしたきれいな馬...
  
  
  
また明日来るね〜
えさを持ってくるのを忘れないでね〜
うん、この大人たちをなんとか言いくるめてみるね〜
...と言ってたかどうかは不明ですが、何となく見て取れます。
   
  
   
ヤギの赤ちゃん...
  
  
   
はいはい、ちゃんとえさをあげるね...
  仰せの通り...
    
  
     
寝かしつけようと散歩に来てみたのが逆効果?!
興奮してどんどん"深み"にはまっていく大人たち...
    
    
     
予想外の長丁場になってしまいましたけれど、おかげで(!)沈み行く夕陽のなか、きれいな景色を見ることができました! 
    
    
    
去年までとはまったく勝手の違うキャンプ...
  
  
  
キャンプにパブ、アンティーク・マーケットと...
ライフスタイルこそあまり変わってないように見えますが、その趣旨は真逆。
  
   
  
"楽しむ"側から"楽しませる"側へ...!
それでもいいんです...

RUSTの作品へ彫り込むラテン語のメッセージにもあるように...
si vales valeo. {あなたのしあわせこそが、私のしあわせ}
 ですもんね!

RUST LONDON
  
  
  

Popular Posts