30 December 2012

seaside xmas... { 海のそばでのクリスマス...! }

毎年恒例となりつつある...
アルテミスの故郷ワイト島で家族みんなが集まってのクリスマス!

イギリスでのクリスマスは、日本でいうお正月に似た行事ですね。

    
    
    
今年もクリスマス・プレゼント満載(!)のキャンパー・バンで南へドライブです。
が、ひとつだけこれまでと違うことが...

そう、右下に見える、小さなトランク...PEHRのぶんの荷物が増えました!
    
     
         
クリスマスはもちろん、ワイト島も、海も、キャンパー・バンでのドライブも初めて!
どうなることでしょう...?!
    
特にキャンパー・バンでのドライブは不安だったのですが...
ドライブが始まってみれば、エンジン音を気に入ってくれたみたいでずっとzzzzz.....
      
  
     
到着後、まずは{寒さにやせ我慢をしながら}海辺のウォーキング...
    
    
    
初めて見る海の感想は...
zzzzz......
    
    
  
家族揃ってのにぎやかなディナー...
  
  
  
アルテミスのお母さんの力作...
七面鳥のロースト!
  
  
  
アルテミスには、ベジタリアン仕様のアスパラガス・ロースト!
  
  
   
PEHRはといえば...zzzzz.....
  
     
   
はやりの寝相アート(??)で締めくくりました!
    
    
    
最終日はキャンパー・バンを海辺に停めて、静かな海を見ながら...
   
  
  
{やっぱり}zzzzz.....
  
   
   
ハッピーだったのか、それとも退屈だったのか...
やや判断に困る、PEHRの初めてのクリスマスでした!
    
 RUST LONDON 
  
  

25 December 2012

20 December 2012

Facebook... { フェースブックにて... }


RUSTメンズのデザイナー内海のfacebookでは...
ブログには書けないボヤキつぶやきを綴っています、と言いますが、いったいどんなことを書いているのかというと...
    
  
{アルテミスの迷言??...シリーズその2}
お金で幸せは買えないといういうけれど、でも実は...お金で買える幸せもあることはある!
 
確かに...花を活けるだけで、家の雰囲気がすこし和みますよね。
たった3ポンド(400円)で買える小さな幸せ...というわけで、近所のスーパーマーケット"センズベリー"へ買いものに行くと、ここ数年、必ず花が上に乗っかるようになりました。
 
そんな迷言を言っておきながら、本人は自分で買ったり活けたり水を換えたりはしないので、僕の仕事が増えるわけですが...
それでブランドものの靴やバッグをねだられることがないことを考えれば...ぜひとも喜んで!?
N
    
  
と、まあこんな感じで、家族内の暴露話(??)や、世話の焼けるビンテージ(と言うよりもおんぼろなだけ)の車の修理、イギリスでの子育てなどなど...

主に本人の撮ったiPhoneからの写真を交えて、面白おかしく書き留めています!
友達リクエストやコメントもお気軽にしてみてくださいね!
フィード購読のみもできます。

{内海直仁のfacebookページ}
 
RUST LONDON
  
  

18 December 2012

platinum fleur de lys... { プラチナのフラー・デ・リー }

フランス語で"ユリの花"を意味するフラー・デ・リー。
ローズカット・ダイヤを支える両肩に、その、ユリの花の装飾を施した指輪です!
    
    
    
製作はロンドンの職人ケビン。

一枚のプラチナの板から切り出して、手作業で成形してでき上がる"フラー・デ・リー"の紋章...
もうまるで、魔法のようですよね!?

あの無骨な太い指から、いったいどうやってこんなに繊細な作品が出来上がるのか...とても不思議です!
   
   

石の裏側にまで刻まれる、細やかなデコレーション...
ローズカット・ダイヤが、最大限に光りを取り込めるように配慮した作りです。

    
    
ダイヤの大きさは、3mmと4mmから選ぶことができますし...
フラー・デ・リーの装飾の箇所だけをゴールドにした、コンビのデザインも素敵です。

4.5mm以上の大きなダイヤでの製作もできますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

RUST LONDON
  

15 December 2012

pehr's first xmas tree... { PEHRのクリスマス・ツリー...その2 }

PEHRの初めてのクリスマス・ツリー...
デコレーションは、アンティークのトランプです!
    
    
     
イルミネーション・ライトと...
古いシャンデリアのガラス飾りで仕上げました!
     
  
   
いつもはツリーにぶら下げるガラス飾り"ボーブル"たち。
今年はこちらへ...
  
   
  
ケーキを焼く古いトレイにキャンドルを灯して、ルイ・アームストロングを聴くと...
もう一気にクリスマスです!
     
    
   
この調子でプレゼントのラッピング...!
  
   
  
いつもより1人分多い紙包み...
   
  
  
何が入っているか...とてもとても楽しみです!

RUST LONDON
  
  
  

14 December 2012

pehr's first xmas tree... { PEHRのクリスマスツリー...その1 }

 発射準備はOK...??
分かってます...まるで月に行くような重装備で乗り込む必要のある、エアコンのきかないおんぼろ車...!     
           
     
     
 向かった先は{月でもなんでもなく}近所のガーデン・センター...
しかも、真冬に...??
    
    
    
そう、PEHRの初めてのクリスマス・ツリー選びです!
      
  
  
あれでもない、これでもないと、さんざん泣きわめいた挙げ句...
      
      
  
PEHRが選んだツリーは、どう見ても我が家の車には不相応なサイズ...!
**なるほど、それで近所のみなさんは4駆の大きな車に乗るわけですね?!
           
       
  
 残念ながら、どんなにだだをこねても...
4駆どころか、新車に乗る日も来ないでしょうね...ラッセル=ウツミ家にいる限りは。
    
  
  
仕方がないので、天井の窓を全開にして帰路へ...
  
  
  
と、その前に近所のカフェのケーキで"充電"も忘れずに...
    
  
  
さてさて、家に帰ったらツリーの飾りつけです!
...つづく

RUST LONDON
  
    

12 December 2012

black and pink... { ブラックダイヤ×ピンクゴールドの指輪 }

オペック・ダイヤに続いて、ロンドンで人気のあるアイテムは...
ブラック・ダイヤです!
  
  
  
自然が作り出したとは思えない漆黒のダイヤ。

きれいにカットされてきらきらと輝く表側に比べて...
裏側はでこぼこ。

自然が作り出したしるしを垣間見るディテールですよね。
   
  
  
今のトレンドなのに、年月を重ねても、長く着けられる...
ブラック・ダイヤとピンク・ゴールドの組み合わせです!

今回RUST東京店へは、1点のみの入荷になりました。

サイズをお直ししてお届けしますので、クリスマス前にお受け取りをご希望の場合は...お早めにご相談くださいね。

**お時間に余裕のない場合は、お買い上げ後のサイズ直しも承ります。

素材: ダイアモンド × 18金ピンクゴールド

RUST LONDON

     
    

11 December 2012

tiny opaque diamond ring... { 小さなオペック・ダイヤの指輪 }

地中でダイアモンドが形成されるときに取り込まれる自然の内包物...
原石が作り出す、天然の色彩を使ったオペック・ダイヤのコレクションに、新作が出来上がりました!
     
    
    
18ctピンク・ゴールドの、幅約1mmの極細のバンドに、小さなオペック・ダイヤがセットされた、とても華奢なデザイン...
ご自身へはもちろん、ささやかなプレゼントとしてもぴったりです。
  
  
   
小ぶりでも作りに妥協はなく、ロンドンの職人マイクによる手の込んだ仕上げ。
内側にはイギリス政府が金の純度を保証する、ホールマークが刻まれています。
     
    
    
今回RUST東京店へは、2点のみの入荷です。

サイズをお直ししてお届けしますので、クリスマス前にお受け取りをご希望の場合は...お早めにご相談くださいね。

**お時間に余裕のない場合は、お買い上げ後のサイズ直しも承ります。

素材: ダイアモンド × 18金ピンクゴールド
price: ¥84,000

RUST LONDON
  
  

9 December 2012

oxleas woods... { オックスリー・ウッズ }

まだ秋の柔らかい日差しの残る、ちょっとだけ前のお話しになってしまいますが...
     
      
    
ロンドン南東部グリニッチのさらに先。
      
       
        
   
   
   
紅葉を見に、PEHRと3人で、ウォーキングに出かけてきました!
      
   
    
 きれいに色づいた木々を見ながら...
  
  
    
文字通り歩くだけの"ウォーキング"...
  
  
  
のはずはなく...
お約束通り(??)、その先にはカフェがあります!
 
**もうご存知と思いますが...
わたし達の行く先々にはどこも、通常、カフェとおみやげやさんが並んでいます...
     
      
     
 でも帰り道は、整備されていない森の中をチョイス。
  ロンドン市内にはこんなに深い森もあるんですね...
     
      
       
 この季節は4時を回ると急に暗くなります。
まだこんなに明るくても迷ってしまいそうなのに、これ以上とまどったら...
       
        
      
野宿...??
遭難...????
  
だからさっきのカフェで持ち帰りのケーキを買ったほうがいいって言ったのに...
なんて言葉が口をつこうとしたところで、無事に車へたどり着くことが出来ました! 
     
RUST LONDON