30 October 2012

more making in the shed... { シェッドでのもの作り...つづき }

ポストする前にPehrが生まれてきたので、ちょっと遅くなってしまいましたが...
  
  
  
RUSTレディースのデザイナー、アルテミスの手作り...
   
    
  
携帯用のおしめ交換セットです!
    
    
    
マット、お尻ワイプ、おしめ、クリームにベビーパウダー、そして使用後のおむつ袋まで...
これをかばんに差し込めば、どこへでも出かけられます!
     
     
    
こちらは赤ちゃん用のクッション。
  
  
  



まだ男の子か女の子か知らずに製作していたので、ニュートラルな色合いですが...
今後はもっと、"女の子らしい"柄のものが出来上がってくるのしょうか...??

RUST LONDON
  
  

28 October 2012

early days... { 生まれて10日... }

あっという間の10日間...
Pehrが生まれてから、それまでの日々に輪をかけてバタバタな、でも幸せな日々です!
    
     
  
RUSTロンドンのツイッターfacebookをご覧のみなさんはご存知かもしれませんが...
家の近くのマーケットのある通りまで、Pehrを連れて3人で、よく散歩に出かけています!
    
    
     
このところずっと慌ただしかったせいか、気がつけばもう木々の葉が赤く染まる季節。
    
    
     
外に出て初めて目にするものが、赤黄色緑の彩り...
長くて暗いイギリスの冬が訪れる前に生まれて来れたことは、ラッキーかもしれませんね!?
     
   
   
平日の昼間から、センスの良い個人経営の花屋やカフェやお店めぐり...
"子供のため"ですからね...
  
  
   
キャンプもできないこれからの季節は、ここに通い詰めることになりそうです...
そう、"子供のために"という名目の下に...!

RUST LONDON
     
    

20 October 2012

hello...! { はじめまして! }

先日RUSTのメンズデザイナー内海直仁のfacebookでお知らせした通り...
アルテミスと内海の間に、無事に女の子が生まれました!
      
      
     
名前はPEHR...ペアーと読みます!
公平性をとって(??)英語でも日本語でもない言葉を選びました。
**スウェーデンの男の子、またはインドのヒンズー語です。
     
     
      
この先ブログにも、たびたびお邪魔すると思いますので...
どうぞお見知り置きを!

RUST LONDON
  
  

18 October 2012

little arrival... { ようやく生まれてくれました...! }

{RUSTロンドン、メンズ・デザイナー内海のfacebookより}

ようやく生まれてくれました...

病院に入ること70時間!
それもそのはず...身長が{自称}150cmのアルテミスの小さな体から、3400グラムの大きな大きな女の子が生まれてきました!

2人とも翌日には家に帰ることができ、とても元気...安産をお祈りしていただいたみなさん、本当にありがとうございます。

この子の生きる時代には、人間の寿命もさらに延び...100年後の世界も視野に入ってくるわけですよね!?
そう、2112年...!

子供たちによりよい未来が訪れますように。
これからもそう願い、動いていこうと思う...晴れた南ロンドンの朝でした!

N
   
  

12 October 2012

making in the shed... { シェッドでのもの作り... }

この夏にパリへ出かけてきたときに...
蚤の市で2ユーロ見つけた、引き出しつきの小さなシェルフ。
    
例によって内海の"なんちゃってDIY"ですが、それなりに仕上がりました!
{あまり近くでさえ見なければ...}
    
    
    
手作りジャムを入れるのに使われた、フレンチのガラスのポット...
     
  
   
ロンドンのデパート、LIBERTYで買ってきた、リバティー・プリントの裁縫用具...
    
     
    
"ガラクタ"と書いて"宝もの"と読む...??
古いもの・新しいものがあちこちに...
    
  
  
そんなこんなでデコレートした...
"シェッド"と呼ばれる、庭小屋を改装したアルテミスの工房。
         
       
         
内海のシェッドとともに...イギリスで本に取り上げられたりもしました!
      
          
           
今日は、そんな庭のアトリエでの...
アルテミスの手作りプロジェクトをご紹介します!
         

  
   
まずはまち針と...
  
  
  
たくさんのリバティー・プリント... 
RUSTの作品に使った残りですね。

それに、この間ポートベロー・ロードのお店で買った 、古い生地も付け足して...
      
      
    
 ちょきちょき...四角に切って、縫い合わせて行きます...
   


繰り返し繰り返し...
  
  
   
ちょきちょき....
そしてミシンがけ...
  
  
  
こんな風に長くなった生地を、今度は縦にミシンがけ...
  
  
   
そして今度は斜めにミシンがけ。
 半日を費やして出来上がってきたのは... 
  
    
    
子供用のキルティング! 
     
  
    
 {あまり近くでさえ見なければ...}
  
  
  
 上出来ですよね!
  
   
  
生まれてくる子供への..."無償の愛"シリーズでした!
    
RUST LONDON
    
      

8 October 2012

DIY baby...part 10 { 手作りプロジェクト...その10! }

もう予定日を過ぎてるのに...と、怪訝そうな目のプリムソール。
でも2人とも、なにかをして体を動かしていないと、落ち着かなくて...


ということで、好評の??
この秋に生まれてくる赤ちゃんへの、手作りプロジェクトその10は...
キャンパー・バンにとりつける、子供用のハンモック・ベッドです!
     
    
      
このあいだ出かけてきた、西ロンドンのポートベローのお店で買った生地...
甘すぎないストライプが気に入っています!
  
  
   
これ以上ないほど70'sなオレンジ...
オリジナルのベッド生地を、新しい生地の上にあてがって、ハサミでちょきちょき。
{わたし達に"型紙"という発想はありません...} 
  
 
   
"すべて"目分量と思いつきでアレンジ...
   
    
  
ミシンで縫い上げて...
  
   
  
アイロンがけ...
と、ここまでがアルテミスの担当。
     
    
   
  真っ黒に錆び付いたベッドの骨組みを解体・塗装して、組み立てるのは内海です。

別に来年の春までやらなくてもよかったのですが、2人とも、"思い立ったら"止まりません...
    
    
  
"運命の瞬間"...
      
  

ここでフィットしてくれないと、この一日の作業が水の泡に...??
  
 
  
でもこの通り...
{仕上げを近くで見ない分には}とてもとても気に入っています!
        
  
      
嵐の前の静けさ...
もう少しだけ2人(と一匹)だけの時間を楽しみたいと思います!
  
RUST LONDON
  
  

4 October 2012

staff vacancy... { RUST東京店では...スタッフを募集しています! }

この秋に、スタッフが産休に入るため...
RUST東京店では、一緒に神宮前の直営店での、日々の業務をお手伝いしていただけるスタッフを募集しています!
  
この6年の間で、ロンドンも含めて合計6人のRUSTスタッフが産休に入ることになり...なにか"不思議な力(??)"を感じます...!
  
こちらロンドンでも実践してる(!?)通り、RUSTでは、仕事とプライベートとの両立が大切と考えているので...残業は一切ありませんし、個人のライフワークとしての副業を持つこともOKです。
 
詳細やお問い合わせは...RUST東京店のブログをご覧ください!

RUST LONON

    
   

1 October 2012

portobello road... { ポートベロー・ロードへ...! }

{アトリエを抜け出して}
"あるプロジェクト"に向けて、生地を買うために...
西ロンドンのポートベロー・ロードへやってきました!
    
    
    
ポートベローと言えば、土曜日の蚤の市が有名ですよね。
 でも実は、洋服や生地屋さんが並ぶ、金曜日のポートベロー・マーケットも静かでおすすめです。
     
     
    
フランスのものでしょうか、たくさんの古いボタン...
    
  
  
と、寄り道もほどほどにして...お目当てはこちら。
ヨーロッパのビンテージのものから、今でも伝統の織り方で製作している新しい生地まで、たくさんの布を揃えたお店、その名も"The Cloth Shop"...!

  
  
  
ディスプレイもとても素敵...
そう言えば、キャンパー・バンの内装も、このお店で見つけた生地で手作りしました!
      
      
      
店主の名物おばさんともしばし雑談...
いろいろ迷ってしまいましたが、無事欲しいものが手に入りました!
{お金と時間がいくらあっても足りない世界です...}
    
    
  
  さてポートベローといえば、映画"ノッティング・ヒル"でもお馴染みの、高級住宅街というイメージが強いですが...
北側のゴルボーン・ロード界隈は、正反対の下町。
    
  
  

ウェストボーン・パークの小綺麗なカフェもいいのですが...
わたし達は、迷うことなくこちら下町へやってきました!
        
       
       
ボロボロのシャンデリアから、通りの名前の刻まれた看板まで...
とにかくありとあらゆるものが路上で売りに出されています...!
  
  
  
アコーディオンを手に取って、真剣に値段の交渉...
そんななにげない、マーケットでのありふれた一場面が、とても大好きです。
       
      
      
普通の小綺麗なお店では、思いもつかないような...奇想天外な陳列...
  
  
  
路上に並べられる家具たち...
日が射してくると、店主もお客も座って雑談が始まります!
      
    
   
アンティーク・ショップに...
  
  
  
フローリスト...
その店先には古いMINI...!
{見なければよかった...??}
  
  
  
かつての労働者階級のささやかな贅沢..."マッシュ&パイ"のお店!
ここが本当に下町であることを意味します。
  
  
 
何はともあれ、無事に余計な家具や車(!)を買わずに帰ってくることができました!
さて、これから何が出来上がってくることでしょう...??

RUST LONDON