29 March 2012

first camping... { 今年初めてのキャンプ! }

イギリスでは、季節外れの熱波が訪れて...
連日22℃を超す晴天。
  
    
    
そんな"チャンス"を、わたし達が逃すはずはなく...
  
  
  
ワイト島へ、今年最初のキャンプに行ってきました! 
  
       
   
そう、こちらワイト島は...わたし達が結婚式を挙げた、英国南部の小島。 
どこまで行っても、海が続きます!
{島なので当たり前ですが...島民はそれを誇りに思っています!?}
    
    
      
ぶどうにパンとチーズ...
太陽の下のビーチでは、近所のスーパーマーケットで買ってきたこんな食材も、一気に高級ランチに早変わり!
      
      
       
内海"社長"は、ビジネス書を片手に...
旅先でも勉強中です!?
    
     
    
今回訪れたのは、コンプトン・ベイ
白亜の断崖が見渡せる、ワイト島屈指の...砂のビーチです!
    
    
      
家族連れや、サーフィンを楽しむ人たちで、この日も賑わっていました...
      
     
  
わたし達はといえば...
絶壁ぎりぎりにバンを寄せて停めて、景色を眺めながら...アイスクリーム! 

そして...



テレビ・ドラマ!
わかってます..."ささやかな"楽しみですよね!

わたし達は2人とも、激動の10代と20代を過ごしたので...
平穏こそが、何よりの贅沢なんです...!
      
        
       
ちなみに今回のキャンプは...
アルテミスのお母さんの家の庭に、バンの駐車スペースを間借り。
  
  
    
朝、目覚めると...
180℃の水平線が広がります!

無料で手に入る贅沢...
お金をかけずにイギリスを楽しむのが、わたし達のポリシーです!
       
  
   
翌日は、アルテミスの兄ダンテが働く...
ヤーマスのヨット港へ行ってきました。
    
   
    
 青い空、透き通った海、古い桟橋、行き交うヨット。
ロンドンでの喧噪を忘れられるひと時...

対岸には、英国本土が、かすんで見えます...
ずっとこうしていたいと思えてきますよね!

    
    
紅茶を飲みながら...
将来のことについて、とりとめのないお話し...
{...と書くと大げさですが、単に次の引っ越し先について議論しているだけですね!}
     
   
    
ここヤーマスは、ヨット港だけあって...
ワイト島の中でも、比較的裕福な人たちが集う街。
    
    
     
特にヨット・ショップでは、キャンプにも使えるものがたくさんあり...
つい、いつも...予算オーバーしてしまいます!
    
    
    
今回の買い物は...このキャンバスのダッフル・バッグと、紺のフィッシャーマン・スモック。
どちらも英国製で、2つで25ポンド(約3000円)!

ここで止めておけばよかったのですが...
      
      
  
ヨット用のランプに、エナメルのお皿、キッチン・タオル
etc、etc...

今回のキャンプで、一番の出費となってしまいました...!
    
       
      
どれも、長く使えるものですし...と、弁解しながら...
     
       
   
 旅は続きます!
  
  
  
ワイト島北東部の小さな村シービューは...
イギリス本土からの、裕福な人たちが持つ別荘が集まった街。
よって...オフ・シーズンの間は、ビーチも街もがらがらなので、おすすめなんです!
    
      
      
夏の間は、この海一面が、高級なヨットで埋め尽くされます...
それはそれで壮観ですが...
   
  
  
やっぱり平穏が一番! 
  
  
  
そして、いつもの..."騒々しい生活"が、家でわたし達の帰りを待っています!
     
RUST LONDON
     
      

24 March 2012

this weekend... { この週末は... }

ロンドンは19℃。
英国内の一部では...気温が21℃まで上がる予報です!

その"一部"がワイト島であることを願って...
キャンプに行ってきます!

3月のキャンプ...
ちょっとだけフライング気味なのはわかっていますが...

どうなることか...
RUSTロンドンのツイッターで、様子をお知らせしますね!

RUST LONDON
  
  

22 March 2012

floral carved ring... { フローラル・リング }


こちらRUSTロンドンで、女性に一番の人気がある指輪といえばこちら...
    
   
  
イギリス伝統の、フローラルの装飾を手彫りした作品です! 
  
  
  
ロンドンの職人ダレンによる手作業による装飾...
    
    
    
細身でも、とても大きな存在感というか...オーラがありますよね!
 ダイヤを追加で埋め込むことも可能です!

RUST LONDON
  
   

20 March 2012

diamond... { ダイアモンド... }


 RUSTの結婚指輪は、すべて受注製作。
指のサイズを測り、素材を選び、手彫りのメッセージを決めて...
さらに、ダイヤを追加で埋め込むことができます!
     
     
       
ささやかな...華やかさを添えてくれるディテールですよね!

RUST LONDON
  
  

19 March 2012

frosty south london... { 凍る南ロンドン... }

朝6時には日が昇り、夕方も、7時ごろまでは明るくなって...
やっと春の兆しが見え始めた、ここ南ロンドン。
    
  
    
 日中の気温は、16℃まで上がるというのに...
この間の週末には、ビーチでお昼寝が出来たというのに...
  
  
  
早朝は、霜に閉ざされることが、よくあるんです!
 みんな、瞬間冷凍...
    
    
    
芝も...
    
     
  
草木も...
    
  
   
花も...!
     
  
   
 飛行機雲も...
  
   
   
猫のプリムソールも...!?
  
   
   
わたし達も...??

みんな、昼前には、いっせいに解けだして...zzzzz...
そんな...週末の、ゆっくりな一日でした...

RUST LONDON
  
   

18 March 2012

liberty print ring pillow... { リング・ピロー }

RUSTでは、結婚式のセレモニーにて、指輪を載せて運ぶことが出来る...
リング・ピローも製作しています! 
   
  
   
生地は、ロンドンの老舗デパートLIBERTYによるオリジナル...
リバティー・プリントです!
     
     
  
毎年....新作が発表されるたびに、RUSTでも、新しい柄が店頭に並びます!
    

    
    
裏地はシルク...
    
      
    
すべて、RUSTロンドンのスタッフによる完全な手作り。
ジュエリー製作の合間を縫って...ひとつひとつ、丁寧に仕上げられていきます!

{極少数生産のため、RUSTの指輪をご購入いただいたお客さまへの優先販売となります}


RUST LONDON
  
  

17 March 2012

horn carved ring... { ホーン・テクスチャーを施した指輪 }

RUSTの指輪で、男女を問わず人気のある作品といえば...
こちら、ホーン・テクスチャーを施したリングです!
  
  
  
表面に、 水牛の角のような仕上げを、手作業で刻んでいきます。
ジュエリーとは磨くもの、という概念からは、かけ離れていますが...
 
   
   
マットでもなく、きらびやかでもない、その独特の表情... 
ペアで同じ指輪を身に着けたい、というみなさんに、とてもとても人気があります。
  
{特にロンドンでは、男性の実に8割以上がこのリングをご注文していきます...!}
  
      
     
素材は、プラチナの他に...
18カラットのゴールドですと、ピンク、イエロー、ホワイトの、3色から選ぶことが出来ます。

内側には、手彫りのメッセージを刻めますので...
何かの記念に、重ね付けしていくのもおすすめです!

RUST LONDON