29 June 2011

the cotswolds〈コッツウォルズ〉

 この土曜日は、以前にRUSTで働いてくれたスタッフの結婚式へ出席するために…
オックスフォード地方へ行ってきました!
 
素敵な式の後に待っているのは
やっぱり素敵な…
         
    
アンティーク・ショップ!?

そう、せっかくの遠出でしたので、コッツウォルズ地方まで、足を伸ばしてきました!
その途中で立ち寄った街で、ちょっとだけ(??)お金を使いすぎてしまいましたが…
   
  
コッツウォルズ。
話には聞いていたものの… 
    
  
想像していたよりも、はるかにすばらしい世界!
  

今この瞬間…ここが、世界で最も美しい場所のように思えたのでした。
    
    
 ばしゃばしゃ…
音を立てて、小川の浅瀬を散策。
  
  
気温も28℃まで上がり、とても気持ちのいい一日。
このまま小川を歩いて川下りも素敵ですね。

でもそれよりも、さらに素敵な案が浮かんできました。
それは…
       
       
小川のほとりでの、炭火バーベキュー!
ロンドンの家の庭で育てた野菜と一緒にいただきます。
   
    
視界いっぱいに広がる大麦の畑を歩いて。
草原に寝転んで。
   
  
後は…zzzzz...覚えていません…
     
    
今回訪れたのは、バートン・オン・ウォーターという街。

中心部を流れる沢は、ずっとどこまでも浅いので…
冷えたワイングラスを片手に、足を水にひたして涼む人たちで大賑わい。
**イギリスでは、グラス・ワイン一杯までは飲んでも合法で車を運転できます。
   
   
普段はあまり人と同じことをするのを避けるRUSTのデザイナー2人も…
きっちりと(!)参加してきました!
    
 
それにしても、素敵な街並み。
コッツウォルズで最初に一番きれいな街に来てしまい、あとはレベルが下がるばかり…??
 なんていう心配は無用でした!
    
   
滞在は(もちろん…)テントです!
これなら、2人で1泊12ポンド(約1500円)。
"お金をかけずにどれだけイギリスを楽しめるか"がテーマです!
     
    
   途中の道で摘んできた、野生の花(無料)を生けると… 
  
  
つまらないホテルよりも、だんぜん豪華な空間に早変わり!
    
  
たまにミツバチが入ってきて、格闘することもありますけれどね…
メッシュの窓を閉めれば大丈夫です。
     
    
ここのキャンプ場を気に入った一番の理由は…
  
     
テントの前に広がるこの景色! 
 
  
夕日に染まった、黄金色の小麦の穂の海… 
  
  
飛び込まないわけにはいきませんよね!
…とてもロマンチックなひと時。  

  
 しかも、夜の10時をまわっているのに、この明るさ…
    
    
  ワインを片手に散歩して、疲れたら(酔いが回ったら??)、帰りを気にせずに、テントの中にすぐ飛び込める…
そんなサービスを提供できるホテルなんて、あるでしょうか…??
      
     
心地よい風と…



黄金色の光に包まれて… 
    
   
 zzzzz......
  
   
朝起きて目に飛び込んでくるのは、テントの天井に映る、木漏れ日と…  
    
  
湯気を立てた…紅茶! 
これ以上の目覚めはないですよね!?
  
     
いたるところに咲き乱れる真っ赤なポピー(ケシの花)がきれい…
翌日は、街中ではなく、農場や草原を見てまわりました! 

    
そう、コッツウォルズでは、この地方特有の岩盤が産出され、建て物や橋、フェンスまでもが(!)すべて、この石で作られていて…
それが"コッツウォルズ"を、特別なものにしています。
    
  
それを証明するように、一人のおじさんが、数百年ものあいだ変わらない石と手法とで、壁を築いていたんです!
  
今どきアルミのフェンスを建てれば、数時間ですむことを、こうした昔ながらのやり方で、"コッツウォルズ"であることを守っていく作業…
RUSTもそうでありたいな、と改めて思いました!
  
  
その後は… 
 
  

 動物達のオンパレード。
  
   

ここはコッツウォルズ・ファーム・パーク。    
  
    
イギリスで希少種になった動物達を育てています。
  
   
こんな一面も見ることができて大満足。
  
  
今回は2泊3日の旅。 
もうその日の内に、ロンドンに帰る予定なのですが…
    
   
  帰り道に通る、すべての街が素敵で…   
    
    
建て物や… 
   
  
 水鳥。  
  
 
そして…クリーム・ティー(!)に惹かれてしまい… 


予定を(大幅に!)遅れて、ロンドンへの帰路へ。
       
  
でも、足取りの重い本当の理由は…"現実"に戻ることへの戸惑いがあったのかもしれませんね!
つかの間の楽しい"夢"から覚めるような感覚…
   
  

いろいろな思惑や価値観が交差する街、ロンドンへの帰路を前にして、いろいろと考えさせられます…
     
    
やっぱり、こうして時間を越えて残ってきたものに触れることが、一番の贅沢ですし…
       
      
自然が作り出す色や形が、一番きれいですよね。
  
       
コッツウォルズ…
また忘れられない思い出が出来ました!
  
RUST LONDON
    

25 June 2011

this weekend... { この週末は… }

以前に、RUSTロンドンで働いてくれた、スタッフの結婚式へ…
今から、オックスフォード~コッツウォルズ地方へ出かけてきます!

その様子は、RUSTロンドンのツイッターでお届けしますので…
是非フォローしてみてくださいね!

実はこの週末…
イギリスには、熱波が訪れて…気温は30℃を越える模様。
どこか、海岸の近くで…{先月のように}キャンプの予定です!

最近の天気予報はハズレばかりなので…
どうなることか…見届けてください!

RUST LONDON