31 March 2011

gold message bangle... { ゴールドのメッセージ・バングル }


細い細い・・・ゴールドのバンドに・・・
   
   
    
これまた小さな小さな・・・手彫りのメッセージ・・・ 

faber est sua quisque fortuna
{だれもが、幸運を自ら切り開く才能を持っている}
  
  
  
内側には、英国政府の純度証明の刻印"ホールマーク"が刻まれています。


素材は、イギリスで主流の9金。 
アンティークのような・・・トーンの低い色合いが素敵です。
  
 
  
実は、これらの作品も・・・RUSTのオンラインショップに追加しています!

RUST LONDON
  
  
  

30 March 2011

message tag bracelet... { メッセージの刻まれたタグのブレスレット }

ad astra 
{星のように高いところへ・・・} 
 
 
 
in flore
{枯れることのない花を咲かそう}
  
 
 
ラテン語のメッセージが刻まれた、ブレスレット・・・

丸とハート型の、2種類のかたちがあります。
タグには、小さなダイアモンドを埋め込みました。

しばらくの間、品切れになっていましたが・・・
RUSTのオンライン・ショップに再入荷しました!

RUST LONDON
  
  
  

29 March 2011

tidy up! { もようがえ・・・ }

 なんだか、じっとしていられなくて…
家の中のもようがえを敢行しました!


なぜか…いつの間にか増える…たくさんの古いもの。
(わかってます…確信犯ですから)



(ろくに料理もしないのに…)
たくさんの食器や…



去年の5月に持ち帰ってきた…日本の一部(!)



 放っておくと…家の中が、すごいことになっていきます。
まるで、本当のアンティーク屋さんのように…



今一番のお気に入りは…鳩時計!
ポッポー、と出てくるたびに…ハッピーな気持ちになります。

実は、RUSTで鳩時計のネックレスも製作中です!
(近々…オンライン・ショップでも発表しますね)



そんなこんなでバタバタ…
人間たちの行動は、猫の目には…いったい、どんなふうに映るのでしょう…

"やれやれ"でしょうか…やっぱり??
時おり、真剣に考えてしまいます。

RUST LONDON



28 March 2011

march... { 3月… }


3月…
いろいろなことがありましたが…



本当は…
花々が咲き始め、冬の終わりを告げる月。
しかも、わたし達2人の、誕生月でもあります…



うれしいことに、いろいろなメッセージが届きます…



ワイト島の家族からは…箱に入った水仙!
英国西部シリー島でしか栽培されていない、とても強い香りを放つ種類。
家全体に、幸せが広がります。



日本の家族からは、参考書!



とてもとても興味深いです!



RUSTロンドンのスタッフEIKOは…
トリュフとクッキーを手作りしてくれました!
(この幸せは…パクパクと…すぐに消えてしまいましたが…)



母からは…かわいらしい食器セットが届きました。



内海君からはマグカップ…
…なんて素敵な結婚生活でしょう!



そんな、ささやかなことが、とても幸せ。
被災地の皆さんへ、すこしでも早く、平穏が戻りますように…

RUST LONDON
  

26 March 2011

quill necklace... { 羽根ペンのネックレス }

今日も(!)羽根ペンのコレクションから…ネックレスをご紹介です!


羽根は、極力薄く、軽く仕上げています。

 
極細のチェーンで…ネックレスに。



こちらは9カラット・ゴールド(9金)です。
イギリスで主流の素材で、トーンの低い、アンティークのような色合いが気に入っています!

  
 
表には、ラテン語のメッセージを手彫りしました。
pax in terra {この大地に平穏を…}



どちらも、RUSTのオンライン・ショップに掲載しました!


RUSTでは、オンライン・ショップでの売り上げの一律30%を…
震災で全壊した、宮城県の障害児施設"マザーズホーム"の再建にむけて、寄付しています!



…しかも、RUSTオンライン・ショップでお買い上げのお客様には…
ロンドンより、ささやかなプレゼントをご用意しています!

{代金引き換えや、銀行振り込みでのご注文も、オンラインと同様として承ります!}
RUST LONDON
  

25 March 2011

alphabet necklace... { アルファベットのネックレス }

手彫りで装飾を施した…小さなアルファベットのネックレスです!
ロンドンの職人、ダレンによる手作業。


実は、一部のサンプルがロンドンから届いたばかりで、アルファベットが不揃い…
R,U,S,Tや、A(=アルテミス)など…都合のいい頭文字しか、出来上がっていないんです…!

よって当面は、店頭や、お電話・Eメールでの受注製作になります。
でも、時機を見て…RUSTのオンライン・ショップにも掲載しますね!
  


男女を問わない小ぶりなサイズなので…
重ねづけや、ペアで身に着けるのも素敵です。
ささやかなプレゼントにも、ぴったりですよね!

silver ¥19,950   ABNL01

RUST LONDON
  
  
  

24 March 2011

quill bangle for men... { 羽根ペンのバングル…メンズです! }



とても人気のモチーフ…西洋の羽根ペン"クイル"を使った作品は…
もう、RUSTの定番としておなじみですよね!

…でも、今日ご紹介するクイルは、様子がすこし違います。
すごく、重厚な印象…
    
    
  
 そう、こちらはメンズの新作です!
…巨大な羽根!

シルバー独特の、ずしりとした手ごたえ。
軽さと存在感が同居(?)した作品といえます!
  
   
   
 さっそく昨日から、RUSTのオンライン・ショップにも掲載。
一番の注目を集めているようです!
    
    
   
…しかも、RUSTオンライン・ショップでお買い上げのお客様には…
ロンドンより、ささやかなプレゼントをご用意しています!

{代金引き換えや、銀行振り込みでのご注文も、オンラインと同様に承ります!}

RUST LONDON
  
  
  

22 March 2011

after the rain has gone... { 雨が上がって・・・ }


RUSTメンズのデザイナーの、内海直仁です。
このたびは、震災及び津波により被災された多くの方々に、心よりお見舞い申し上げます。

かくいう私も、生まれは宮城県。
私の母は、自閉症の児童施設の園長を務めており…
今回の地震と津波は、母の職場である、宮城県気仙沼市マザーズホーム一帯を直撃しました。

今日は、そのときの様子を、少しだけ振り返ってみたいと思います。

3月11日の朝…
私はいつもどおり、ロンドン時間の6時に起床し、ツイッターを開いたところ、日本では大地震との知らせ。
家族に電話をしようにも、一切つながりませんでした。

唯一の連絡手段はEメール。
幸いにも、その時点での家族の安否は、比較的早く確認することができました。
母親以外の家族は、松岩にある自宅で、無事に車で待機とのこと。

母からの、携帯電話Eメールによるメッセージは…
{公民館の屋根。げんき}
の二言のみ…

母達マザーズホームのみんなは、鉄筋コンクリート製、3階建ての、中央公民館に避難した様子は伝わりました。
津波による水位は、2階の天井にまで達したものの、なんとか安全を確保。
よかった。
と…そこでいったんは、落ち着いたのですが…

それもつかの間。
Uストリームのニュースで流される、火の海となった気仙沼市の街!
どうやら、船舶用燃料のタンクが倒壊し、水上に流れ出たオイルに引火したようなのです!
そう…水のあるところ全てに、炎が押し寄せたのでした…

地震をしのいで、津波からも逃れたのに…今度は火の海!
スクリーンの映像を見て、さすがに最悪の事態を覚悟しました。
自閉症の子供達を、抱えて守ろうとしていたであろう…母達職員の姿を想像しては、涙が止まりませんでした。

母は、ずっと福祉施設に勤め…まだ小さかったわが子を差し置いても、施設の子ども達に、添い寝をしてあげるような人。
それは、親族にとがめられても、続けたそうです。
きっと今回も、多くの子供達の母となり、安らぎを与えたことでしょう。

正直なところ、私の内心は…
そんなに欲張って、たくさんのお母さんを演じなくてもいいから…
全部放り出して、一人の母親として、無事に笑顔で戻ってきてよ…
といったところ。
なんだか、情けないですよね…

事態が変化したのは…私がロンドンから、ツイッターでメッセージを発してからでした。

{拡散願い} 障害児童施設の園長である私の母が、その子供たち10数人と一緒に、避難先の宮城県気仙沼市中央公民館の3階にまだ取り残されています。下階は津波で浸水し外は炎上、地上からは近寄れない模様。空から救助が可能であれば、子供達だけでも助けてあげられませんか。

数時間で、何千回というリツイートがなされ…
ついにはそれが、NHKのニュースで読まれるに至ったのでした!

しかも、そこに偶然居合わせた、東京副都知事の猪瀬直樹氏が、テレビカメラの前で…
東京消防のヘリコプターを送り、障害児施設を優先的に救助することを約束。

私のツイッターのアカウントにも…
その旨を報告してくれるメッセージが、山のように到着しました。

そして、パソコンの画面に張り付いて見守る…長い長い一日。
複数のハッシュタグを追うために、何重にもなったツイッターのタブに…
複数のテレビ局のUストリーム…
海外ソースとしてBBCとテレグラフのサイト…
その姿は…まるで英国の諜報員!?

そして、ついに翌日…
副都知事である猪瀬氏のツイッターで…
{朗報、気仙沼市の障害児施設は東京の消防が無事救護}
…とのメッセージ!

なんという24時間だったでしょう…
日本とイギリスの…1万キロの距離を越えてつながったレスキュー!

私は常々、新しい時代の、国境を越えた会社経営と、モノづくりを…
RUSTを運営しながら模索して来ましたが…

まさか、こんな形のつながりが生まれるとは…予想外!
この幸運に…感謝せずにはいられません。

その一歩として…
売上の全額を寄付する…チャリティー・ネックレスを製作しました!
英国の職人に作ってもらった、桜の花を刻んだ…通称"SAKURA"ネックレス。

代金引き換えや、銀行振り込み、クレジットカード(PAYPAL)にて、ご注文が可能です!
{日本国内への送料は無料。発送は4月27日以降になります}

東北地方の桜は・・・これからですね・・・
ご賛同いただければうれしいです!


内海直仁

   

15 March 2011

praying... { 祈り・・・ }

今は・・・
ブログを更新する気持ちになれないので・・・

ただただ、皆様の安全を、祈っております。
RUST LONDON

ps
RUST直営店の営業状況は・・・
ブログ及び
お知らせいたします。


10 March 2011

canterbury cathedral〈カンタベリーの街と大聖堂〉

神々しい光り…
  
  
霧がすみの向こう、古い町並みの奥にそびえ立つその姿…
  
  
重厚な扉。
いやおうなくカメラのシャッターを押してしまう、たたずまい…
    
  
(例によって)アンティーク・マーケットからの帰り道。
英国南東部ケント地方にある、英国国教会の総本山…
 
 
カンタベリー大聖堂に立ち寄ってきました!

 
 
中はご覧のとおり圧巻です…
    
  
15世紀当時の、あらゆる贅と時間を、結集することによって作り出された世界遺産。
日本では、ちょうど金閣寺が建てられた時代ですね。


 
モザイクの床や、ステンド・グラス…
 
  
350年前の…落書き!
全てが(!)美しいです。
  
 
迷子になりそうな回廊。
まるでゲームの世界ですね...
   
 
カンタベリーの街は、とてもキュート。
夏には川くだりが楽しめます!
 
   
想像だけしてください…
青い空、澄んだ水、柔らかい風、色鮮やかな水鳥たち。

 
生い茂る緑と、優雅な手漕ぎボート。

わかってます…天と地の差があるイギリスの四季。
次は夏に訪れたいです!
   
   
   
帰りに立ち寄った、ロチェスターの街もキュート。
16世紀以前の町並みが残っています。

わかりますか、この左の建物の傾き具合!
冬ですからね…
  
    
こちらはロチェスターのお城。
ぼろぼろの廃墟です。

そう、今は冬ですからね…

夏がすべてを解決してくれる国。
それがイギリスです!
  
RUST LONDON