30 October 2011

wakehurst & standen... { ウェークハーストとスタンデン }


手作りの内装で...ようやく仕上げることができた、キャンパー・バンのLEWES
エンジンの様子見も兼ねて、まずは近場へ...1泊2日のキャンプに出ることにしました!
  
  
    

最初にやってきたのは、広大な庭園のある...ウェークハースト・プレイス
1500年代に建てられた、貴族のお屋敷です。
 
  
  

とにかく大きな庭...
その肝心のお屋敷が、なかなか見えてきません...
   
  
  
こちらがお屋敷...??
...いいえ、離れを改装したカフェです! 
とにかくとにかく大きな敷地。
      
  
   
庭園には...すすきや楓、もみじなど、日本でもお馴染みの木々!
  
  
  
軌道の低い太陽...秋の光がきれいです。





池の向こうに、ようやく見えてきたお屋敷...!
 
  
   
野生のキジも...お出迎えしてくれます! 




一足早い、クリスマス...??
  
  
  
そしてそして、次の日に訪れたのは...
同じくサセックス地方にあるお屋敷、スタンデンです!
  
  
  
19世紀ビクトリア時代のイギリスにて、産業革命によって、あらゆるものが工場で大量生産されるようになった社会に対抗して...
手作業のもの作りの素晴らしさを見直そうとして起こった、アーツ&クラフツ運動。
ここスタンデンは、その中心人物であったウィリアム・モリスの親友の建築家、フィリップ・ウェブの暮らした家です!
 





 いたる所に見られる...手作りのタイルやカーペット、カーテンの数々...
当時のままの作品が保存されています。 


  

大量生産・大量消費に屈することなく...ていねいに、自分たちの信じるもの作りを貫くというアーツ&クラフツの精神...

実は、わたし達も、2003年ごろに、非常に大きな影響を受けて、ウィリアム・モリスの家まで訪ねていったことがありました。

そこで出会ったのは...
"Art is long, Life is short"

人生は儚いが、芸術(作品)は永遠である、というメッセージ。
 
それはそのまま...RUSTのコンセプトにもなっています!
たとえ、わたし達がこの世から巣立っていっても、未来のアンティークとして残るような、ものづくり...
目先の流行や、簡単なやり方に流されることのない作品づくりを心がけています。
     
    
   
{べらべらと...長くなってしまいスミマセン...!}
お屋敷の外には...これまた広大な庭園!
  
  
  

散歩の後には...もちろんカフェ(と、おみやげショップ)があります!
1日ゆっくりと、楽しむことの出来るスポットです!

RUST LONDON
      

{追伸}
なんだか...近頃のわたし達の行動パターンが...
だんだんと、おじいさんとおばあさんのそれに近づいているという指摘を受けます!

確かに紅茶を頂きながら周りを見渡すと、お年寄りの皆さんばかりですが...
いいんです、ナイト・クラブやショッピングに行くよりも、だんぜん刺激的な生活だと言い切れるますので!
(と、強がってみます...)