23 November 2011

nao's shed... { 庭の革工房... }

RUSTロンドンの、内海直仁です。

覚えていますか...??
以前、僕達の家の庭に、物置き小屋をつくっていたこと...
    
    
    
実は実は、ただの物置きではなく...
         
        
     
ご覧の通り...
    
    
    
革職人としての、アトリエだったんです!
    
    
    
アンティーク・マーケットで見つけた、古いかばんや革小物を...
    
    
    
ひとつひとつ...
    
    
    
ていねいに...(かつ荒々しく...!?)
   
    
    
   手作業で... 


修理していきます!
         
          
       
実は...
18歳で渡英した当初、僕が本当になりたかったのは...革職人だったんですね!

靴やかばん、ベルトなど...
自己流の独学でしたが、とにかく革に触れているだけで幸せでした。
  
  
  
ジュエリー作りを始めたきっかけも、革製品の延長...
  
  
  
いつからか...そんな当初の夢からは、遠く反れた暮らしとなってしまいましたが...
今でもRUSTから革製品を発表しているのは、その未練の現れ...!?
     
   
   
こうだと思ったら、まっすぐ突き進む性格が災いし(...!?)
儚かった夢の続きを見るべく、庭に革の工房を作ることに決めたんです!
  
  
  
総工費は6万円程ですが...
それで夢がかなうのであれば、お安いものですよね!?
  
  
  
先週末から...
ロンドンの蚤の市で見つけたビンテージの洋服をご紹介する、僕個人としてのブログも始めました。

庭の工房での成果は...そちらで発表していきます!
  
  
  
長くRUSTのブログをご覧の皆さんは、ご存知だと思いますが...
妻のアルテミスも、庭に一軒、アトリエ(物置小屋!?)を持っています。
  
  
  
裁縫や織りものはもちろん...
彼女もやっぱり、ビンテージの洋服を修理していて...
そこから個人でアンティーク・ショップも経営しています!

わかってます...
やれやれな夫婦ですよね...!?
{でも幸せです!}

N.


{追伸}
実は...このアトリエ2軒が共に特集され、イギリスで本として出版されることが決まりました!
詳しくわかり次第またお知らせします!