27 July 2011

local beach trip... { 地元の"ビーチ"へ… }



天気のよい夕暮れ…
その日は、久しぶりに、早めに工房を出ることができたので…
屋外のガーデンでビールを飲める、RUSTアトリエ近くのパブへ!
  
夕日を浴びながら、ほろ酔い気分。
そしたら、なんだか…柄にもなくロマンチックな(?)雰囲気になって…

  
  

地元の"ビーチ"に行ってきました…!

  
  

地元…?
ビーチ…??

そう、ロンドンには…砂浜があるんです!
(…といっても、テムズ川のほとりですけれど…)
    
    
    
確かに、泳いでみようという気分にはなりません(!)が…
仕事の帰りに(ほろ酔いで??)立ち寄るにはぴったり。
  
  
  
"無意味にロマンチック"な…このショット…
  
  
  
 運がよければ…
100年以上前、ビクトリア王朝時代の…"なにか"が見つかります!


タバコのパイプや、結婚指輪(?)、人骨にも見える(??)太い骨!
話にはいろいろ聞きますが…
機会があれば一度、試してみてくださいね…!?


きっと、100年以上前から…
仕事の帰りにパブに立ち寄って、ロマンチックな気分になって…

このビーチに来て…
夕日を見ながら、タバコの煙を燻らせて…

夫婦喧嘩をして… 指輪を投げ捨てて…??
そのあとの人骨は…???

きっと、いろいろなドラマが…あったのでしょうね。
ストーリーは…ご想像に…おまかせします!
   

砂浜に来ると…
無条件でやってしまいますよね…
  
  
  
 a..r..t..e..m..i..s..
       

&..n..a..o........ 

岸壁の歩道から、旅行者の方が、必死にこのつづりを読もうとしていました…
両方とも…わたし達の名前は、発音しにくいようです。

でも、それを聞くのが…結構おもしろい(!)
くすくすと笑いながら、防波堤を背に座って…
夕日の日光浴…

それだけで、幸せです!

…というはずもなく…


やっぱりまた…パブで…
冷えた白ワイン!

長い長い、イギリスの夏の夕暮れは…
パブに始まり…パブに終わります!


{補足}
こちらは…わたし達の足あとではありません…
ちゃんと、"まっすぐ"に歩いて帰りました!

RUST LONDON