horniman museum... { ホーニマン博物館 }

27 January 2011

週末に、思い立って・・・
以前にもご紹介した、ホーニマン博物館へ行ってきました!
  
 

以前は、ガーデンとカフェ をご案内しましたので・・・
今日は、建物の中をご紹介!
  
 
  
ここホーニマン博物館には、英国でも屈指の数と種類の動物標本が展示・・・
しかも、無料で一般に公開されています!



もちろん(!)カフェとおみやげ屋も併設されていて・・・
週末は、家族連れでごった返します!
 
 
 
これだけのコレクションに・・・
小さな子供のころから、しかも無料で触れ合えるのは、ロンドンの良いところ!
  
  
 
大英博物館やテート・モダン美術館、ビクトリア&アルバート博物館など・・・
市内の主だった施設は、ほとんどが入場無料!
 
 
 
お茶のみがてら・・・ふらっと立ち寄れるのがポイントです!
私たちにとっては・・・天国のような街・・・!



英国出身のクリエイターが多いのも・・・
案外、そんなところに理由があるのかもしれません。


 
 
ここホーニマン博物館では・・・
コレクションの質もさることながら、ディスプレイが、とてもとても、クリエイティブなんです!
 
 
 
素敵なキャビネットに・・・
標本の名前の字体・・・
 
 
 
説明の色使い・・・
  
  
 
"うにの殻"も・・・
超高級品に見えません??
 
 
 
いつか・・・こんなRUSTのお店(博物館??)を作りたいと・・・
心に決めました! 
   
   
    
私は個人的に、動物の剥製は苦手なので・・・
(かわいそうですよね!)
 
 
 
こちら海のコーナーのほうが(比較的)落ち着きます・・・


  
それにしても・・・
ここにある標本は、そのほとんどが・・・1800年代ビクトリア時代のもの! 
    
    
    
そんな超アナログ、かつ、テクノロジーも未発達な時代に・・・
よくも、これだけのものを世界中から集めたものです・・・!  



 恐るべし・・・イギリス人の収集癖・・・



私の生まれた・・・英国南部のワイト島 からも!
 
 
  
こちらの絵は・・・?
海中ブルドッグ ・・・??
 ・・・恐るべし・・・イギリス人の妄想癖・・・
 
 
 
地下には・・・
イギリス最古の水族館が併設されています・・・
(こちらは2.50ポンド=約300円かかります)
  


見たこともない・・・南の島の海洋生物・・・
みんなきれい・・・ 
  
  
 
(一部、若干の例外もいますが・・・)

 
 
視界いっぱいに広がる幻想的な世界・・・
 
 
  
・・・と思いきや・・・ここは・・・"イギリスの沼"コーナー・・・!
こ汚い水に、暗い色の魚・・・一気に現実に引き戻されます・・・
(わざわざ作らなくてもいいのに・・・と思いません!?)
 
 
 
・・・何はともあれ・・・
私たちの大好きな博物館に変わりはありません!
  
 
  
じっくりご覧になって、カフェでゆっくりされたい方は・・・
(子供連れの少ない)平日に訪れることを お勧めします!

 もし私たちを見かけたら、声をかけてくださいね!
RUST LONDON
  
 
 

Latest Instagrams

© RUST LONDON. Design by FCD.