osterly park... { オスターリー公園 }

12 October 2010

いまにも雨が降り出しそうな天気でしたが・・・めげずに・・・
この日曜日も、郊外のアンティーク・マーケット(というよりも・・・ガラクタ市)へ!



そして・・・恒例となりつつある・・・
寄り道です!
(最近はこちらがメイン??)



この日は、ロンドン西部・・・
ヒースロー空港へ向かう途中に位置する、オスターリー公園に立ち寄りました。
地下鉄でも簡単にたどり着けます!



公園というよりも、貴族の邸宅・・・
ガーデンや、牛のいる農場、そしてもちろん(!) カフェとおみやげ屋も併設されています!



でも、なぜか気になったのは・・・
大邸宅そのものよりも、隣にある納屋・・・ 



ディテールが非常に非常にかわいいのです!

藤の木のつたで覆われたり・・・
邸宅であれば、雑草として刈り取られてしまうことでしょう・・・
(なんてもったいない!)



床の板間も・・・納屋のほうがおしゃれ・・・ 



私たちにとっては・・・
実際に暮らすとしたら、掃除の大変そうな大邸宅よりも・・・
納屋で十分です! 



さてさて・・・
邸宅の中をご紹介します!



まあまあ・・・ですね・・・



というのは冗談で、内装は圧巻です!



作りも、展示品も、スタッフも・・・



 これまで訪れた邸宅の中でもトップクラス。



イギリスが、ヨーロッパにおいて、まだ・・・
辺境の島国、弱小国でしかなかった、16世紀チューダー王朝期に建てられた家が・・・



増改築を経て、18世紀までには、こんなに立派な邸宅に・・・



英国の歴史の生き証人ともいえるでしょう・・・



(それでもやっぱり・・・外の納屋に惹かれますけどね・・・)


  
最近、私たちは、いろいろな意味で"保険"をかけて週末を過ごしています。 



アンティーク・マーケットで、いいものが見つからなくても・・・
天気がよければ公園や農場へ寄り道・・・



天気が悪くても・・・
素敵な建築物があれば・・・そこで雨宿り。




建物に、そこまで見所がなくても・・・
おみやげ屋でプチ・ショッピング・・・

 

おみやげ屋がいまいちでも・・・
カフェでゆっくりランチ・・・



カフェの料理がまあまあだったとしても・・・
夕方は近所のローカル・パブで一杯!
・・・という具合です。

これもビジネスで言う"リスク・ヘッジ"??
 やれやれですね・・・
 
  
   
私たちの住む家全体よりも広い(!)階段と踊り場・・・
 ただ2階と・・・行き来するだけなのに・・・

しかも、右の本棚には仕掛けがあり・・・



秘密の抜け道が現れます!

その行き先は・・・地下の酒蔵!
そう、この家は・・・イギリスの歴史の・・・生き証人ですから・・・!

  

こちらは"子供部屋"とのこと・・・



何気ない飾り文字にも、デザインのインスピレーションが散らばっています・・・ 
 
 
 
どんなにかっこつけてポーズしても・・・
やっぱり・・・納屋がお似合いですね・・・



今日も、長い長いポストにお付き合いいただき・・・
ありがとうございます! 



また次回も・・・お楽しみに!
(もう書く言葉が尽きてきたので・・・強引にポストを終わろうと思います・・・)



 最後にキッチン・・・
特に、ダイニング(右)の天井が素敵です!

(でもやっぱり納屋のほうが・・・)



さてさて・・・
今日のアンティーク・マーケットでの収穫が気になる方は・・・

私の運営するアンティーク・ショップ"バッケット・ツリー"にて・・・
ご覧いただけます!

RUST LONDON


 
 

Latest Instagrams

© RUST LONDON. Design by FCD.