1 September 2010

wedding...behind the scene 5


私たちの結婚式では・・・
ブーケをはじめ、式場の花の飾りつけも・・・
すべて、自分たちの手で仕上げました!



花の買い出しは、ロンドンの"ニュー・コベントガーデン・マーケット"へ!
ここは、午前3時に開く、業者向けの卸し市場なのですが・・・
私たちが到着した朝5時には、もう・・・人はまばら。
みんな、ひと仕事を終えて・・・閉店準備中でした!



車に満載で出発!
全部で・・・160ポンド(約2万円!)です。
業者に頼んだら・・・桁が1つ増えそうですよね・・・

ちなみに・・・式場のアプルダーカム・ハウスの使用料は、500ポンド(65,000円)
ビンテージのロンドンバスは、200ポンド(26,000円)
ランチは一人14ポンドなので、40人で560ポンド(73,000円)

  

近所のガーデンセンターで買ってきた・・・
何の変哲もないハーブ類も・・・
古い鉢に植え替えると、とても雰囲気が出ます。



家族も総動員です・・・
兄のビブには、バンティング(旗飾り)のアイロンがけを手伝ってもらいました。
(生まれて初めてみる光景・・・)



そのガール・フレンドのヨッカには・・・
私たち"ARTEMIS & NAO"のロゴを・・・
紙のナプキンに手押ししてもらいました。
  
  
  
"草原パーティー"のテントも・・・もちろん自分たちで組み立てです!
中サイズのものを、2つ抱き合わせて、ひとつの大きな部屋を作りました。
 
 
 
組み立ては(慣れれば)簡単。
ひとつ目のテントには1時間かかりましたが・・・
ふたつ目は20分!

テント代は、送料込みで、160ポンド=約2万円。
(その後、りんご農園のおじさんが、どうしても譲ってほしいというので・・・1万円で下取りしてくれました)



高い場所の飾りつけは内海くん。

 
 
私は低い位置の担当・・・

 
 

テーブルといすはレンタル。
結婚式場の分も含めて、全部で230ポンド(約3万円)です。
 
 
 


少しずつ・・・少しずつ・・・出来上がっていきます・・・

 


幸いにも、天気がずっとよかったので・・・
やさしい日差しに元気を与えられて・・・
なんとか無事に、すべてを終えることが出来ました。



さよなら・・・2010年の夏・・・
やわらかい8月のこの日差しを・・・生涯忘れることはないでしょう。
RUST LONDON