19 August 2010

our wedding...2

アプルダーカム・ハウスでは、建物の表側と、この一室だけが、部分的に修復され・・・
当時の様式を、すこしだけ垣間見ることが出来ます。
         
  
  
・・・とはいえ、内装や飾りはなく、骨組みがむき出し・・・
そこは、デコレーションの腕の・・・見せどころです!
   


アンティーク・マーケットで見つけた、ガラスの小さな小瓶ひとつひとつに、花を生けて・・・



それを、ゲストの椅子ひとつひとつに・・・



麻ひもで・・・
     
    
     
結びつけていきます!
  
  
        
古い壁紙を再利用して作ったデコレーション・・・
   
  
        
さんざん作った・・・バンティング(旗)を張って・・・
     
      
    
キャンドルで明かりを灯して・・・
そう・・・ここには・・・電気もありません!
    
   
       
こちらは・・・エアコン代わり・・・!
私の背丈ぐらいもある・・・扇子です!
  
   
                 
BGMも、蓄音機です・・・!
    
     
  
この巨大な貝殻には・・・氷を入れて、シャンペンを冷やします!
むかしむかしに、私のおばあちゃんが買っていた、アンティークです!        
     
                    

コンフェッティ(紙ふぶき)も、乾燥した花びらや、余った生地、包装紙を・・・再利用して手作り!
プログラムも、自分たちで印刷しました。

                      


そんなこんなの末に・・・ 
      
       
     
新郎新婦の入場です!

      
         
無宗教がテーマなので、神父さんではなく、カウンシル(市役所)のレジストラーが来て、婚姻契約を結びます。
           


指輪の交換をして・・・
     
    
        
この瞬間から・・・



         MR & MRS RUSTです!




    
無事、セレモニーが終了・・・

  
    
とてもとてもとてもとても・・・幸せです!
RUST LONDON

・・・つづく