isle of wight... day 2

22 July 2010

ワイト島での2日目も・・・やっぱり、海からでした!
奥には水平線・・・緑の洞窟を抜けて・・・
 
 
携帯電話のつながらない奥地へ・・・!
インターネットでの仕事が出来ず・・・不安げな内海"社長"・・・
  
  
ここは、"ウッディー・ベイ"と呼ばれる石海岸で、地元の人しか訪れないようです。
思ったとおり、私たち2人だけの、貸し切りでした!
 
 
ただ・・・
以前にもご紹介したように、ワイト島は、たくさんの地層が重なり合って出来ています。
そのため、とても崩れやすく、この写真のように、大きな岩がぼろぼろと落ちて、転がっています・・・

"貸し切り"といえば、ポジティブに聞こえますが・・・
みんな、怖がって来ないだけ・・・??
  
  
ちょうど潮が引いていて・・・潮溜まりがたくさん!
  
  
ハローハロー・・・
いろんな動植物の生活模様があって・・・見ていて飽きませんよね!
 
 
しばし寝転んでゆっくりしたら、腹ごしらえ・・・
こんな、60年代のバンで、大真面目にアイスクリームを売っているのも・・・ワイト島ならでは!
海とアイスクリームは・・・イギリス人にとっては、切っても切れない関係です・・・
  
  
後ろには、アイスクリームを食べるのに・・・最高の景色!

次に向かうは、この先に見える、白亜の断崖の下に広がる海岸です。
・・・そこでは、泳ぐことができます!
 
 
こちらの海岸は、"コンプトン・ベイ"という名前の砂浜。
家族連れや、男友達同士でサーフィンを楽しむ人たちで、とても賑わいます。
 
 
奥まで歩くと、人気も少なくなり、目の前には真っ白な断崖絶壁が迫ってきます。
泳いでいって、沖から見る海岸の景色も・・・ドラマチック!
   
    
泳いだ後には、化石を探して散策・・・
"木"の化石や、変わった鉱石が、たくさん落ちています。
毎年がけ崩れが進むので・・・変わった発見があるかもしれません! 
 
 
今年のイギリスは雨が少なく、丘の上はもう・・・秋のよう。
センチメンタルな気分を・・・すこしだけ先取り!
 
 
その後は、結婚式場へ(・・・早送りで・・・)打ち合わせに行って・・・
農道をウォーキングです!
  
  
昼下がり・・・
羊たちもリラックス・・・
 
 
刈り込んだ干し草の香りが素敵・・・
 
 
一面に広がる麦畑は・・・初めて見たのですが、とても幻想的でした。
 
 
そしてそして・・・ずっと来たかったパブ・レストラン・・・
"レッド・ライオン"で・・・ディナー!
  
  
アンティークのテーブルや椅子・・・
奥の部屋は、床が石で出来ています。
(月曜日なのに、すでに半分以上が予約済みでした・・・) 
  
 
英国の夏は、夜の9時を過ぎても明るいので、屋外のガーデン席がお勧めです。
夕暮れ時の草原を見ながら・・・Cheers!
  
    
ミシュランのガイドに取り上げられることもしばしば・・・
料金は、ワインとビール、写真のメイン・ディッシュ2品で、合計35ポンド(約4500円)。
ワイト島にしては、やや高めの値段設定ですが・・・味はすばらしいです!
  
  
とてもいい気分で帰路へ・・・
翌日はいよいよ・・・アンティーク・フェアです!

RUST LONDON
 
 
 

Latest Instagrams

© RUST LONDON. Design by FCD.