29 November 2009

london assay office〈アッセイ・オフィス〉


今日は、ロンドンでホールマークを刻印することが許される唯一の承認期間、アッセイ・オフィスをご紹介します!

場所はロンドン中心部。
有名なセント・ポールズ大聖堂のすぐそば…
ガター・レーンという、小道を入ったところに、ロンドン・アッセイオフィスはあります。
600年前からこの地で居を構えるだけあって、重厚なたたずまいですよね!
        
     
もう、ご存じかもしれませんが、イギリスには、貴金属の純度を、英国政府が保証する、"ホールマーク"と呼ばれる刻印があります。

アッセイ・オフィスは…
ジュエリーの金属の純度を検査して、ホールマークを押すことが許された、唯一の公認機関です。
  

ホールマークは、もともと消費者保護を目的に作られました。
英国では、このホールマークが刻印されていないと、ジュエリーを、金や銀とうたって売ることが許されません。

そしてホールマークは、偽造すると、重罪として、英国法で罰せられます。
500年前に制定された、古い法律なので…エリザベス女王が、もし本当に望めば、罪人の首をはねてしまうこともできるみたいですよ!? 
(日本の某ジュエリーメーカーさん、気を付けてくださいね!! 見つからないように…)
    
    
アッセイ・オフィスは、去年、(無意味に!)インテリアが新しくなり…
重い 扉をあけると、中は、こんなに(無意味に!)洗練されています。

アッセイ・オフィスに来るたびに、フォーマルな格好で、お洒落して来ればよかった、と(無意味に!)思わせられるんです。
  
(そんな余裕があったら、刻印を手打ちする職人をもっと増員してあげてください〜!)
      
    
ホールマークは、通常、5つの刻印で成り立ちます。
その中に含まれる、ヒョウの顔のマークは、"ロンドンの"アッセイ・オフィスで刻印された、という意味があります。
  
そのヒョウのマークは、600年もの間に、デザインに幾度となく変更が重ねられました。
そしたらなんと、ヒョウの顔の歴史が…壁紙になっていました!

別の支店では、そのヒョウの顔の歴史が型押しされて、革張りのソファーになっていました!!
(そんな余裕があったら、毎年毎年の…刻印代の値上げを、なんとかしてください〜!)

過去の栄光を誇りに思うのは理解できますが、やれやれですよね!
  


さて、賛否両論ある(!)アッセイ・オフィスですが…
ホールマークは、RUSTにとって、今や、欠かすことのできない大切なディテールの一つ。

そして、数百年も続いてきた、アンティーク・ジュエリーにとって、なくてはならないものです!
    
将来の、アンティークの資格が与えられると思えば…
高くても、時間がかかっても、(時に作品を壊されても!)雨にも負けず、風にも負けず、そういうものだと思って、せっせと通い続けますね!
  
RUST LONDON
 

rose cut diamond...trilogy ring! { トリロジー・リング }


ローズカット・ダイヤを使った指輪の・・・新作です!


やわらかく、きらきらと光る、ローズカット・ダイヤが、3つ・・・
中央のダイヤは、径が4ミリと大きく、指につけてみると、思いのほか、大きなアクセントになります!
 
 

ローズカット・ダイヤは、1700年代以前の英国で主流でした。
当時のアンティーク・リングには、すべて、ローズカット・ダイヤが使われていて、コレクターもとても多いんです。
ギラギラとした・・・現代のブリリエント・カットにはない、やさしい光りが魅力ですよね!

¥336,000 platinum × diamond (item code: ENRG05)
RUST LONDON


28 November 2009

stones...


神宮前の・・・RUST東京直営店1階、"RUST gold"では、レディースの作品に、石を自由に組み合わせることができます!


紫のアメジスト、黄金色のシトリン、黒のオニキス、赤いガーネット・・・
茶色のスモーキークォーツ、オレンジのファイアーオパール、桃色のピーチ・ムーンストーン・・・

もう・・・わけが分からなくなってきました!
あとは・・・RUST東京店のスタッフに直接お尋ねください!!

RUST LONDON



24 November 2009

RUST silver


こちらは...メンズを扱う、2階の“RUST silver”。

イメージは、1950年代イギリスのジェントルマンズ・クラブです!
こじんまりとした、とても居心地のよい空間ができあがりました。
    
  
  

照明を落として、音楽に聴き入って...
ごゆっくり、作品をご覧ください!
  
  
  

こちらは、アンティークのハンガーを使ったディスプレイ...
   
こちらの“RUST silver”はアポイント制になっていますので...
ご来店前に、RUST東京店へご一報くださいね!
     
tel: 03-5772-1456

RUST london
  
  

23 November 2009

RUST gold

ついに・・・RUST東京店が、リニューアル・オープンしました!
こちらは、1階の、レディースとウェディング・ジュエリーを扱う、“RUST gold”です。


テーマは、森の中のジュエリーブティック・・・店内も店外も、生きた、本物のアイビーでおおわれます!
スタッフには・・・水やりの話題は禁句ですよ!
 
 
ディスプレイのショーケースも、天然のモス(こけの一種)で覆われています・・・

こちらはウェディングのコーナー。
プラチナとローズカット・ダイヤの、新作が並びます!
森の中のブティックで、おふたりで結婚指輪を選ぶ・・・なんてロマンチック!


夜は、店頭が、下からライトアップされてきれい・・・

今回わたしは・・・ロンドンからリニューアルの状況を眺めているだけでしたが・・・
実は、スタッフと友人たちが、総出で、ペンキ塗りから、家具のリストアまで手伝ってくれて・・・業者を入れずに、手作りで完成させたんです!
      
大企業には絶対にできないことを・・・が、RUSTのものづくりのテーマですが、店づくりにも・・・こだわってみました!
(ひとにはお勧めしません・・・業者を入れなかったことを・・・ぜったいに後悔されると思います!)
RUST LONDON



21 November 2009

gold and silver...

以前から書いてきましたように・・・
これまでのRUST東京店は、レディースの店に生まれ変わります!
11月21日土曜日にリニューアルした店を訪れると・・・もう、みなさんびっくりされると思います!
イメージは・・・森の中のジュエリー・ブティックです!!


では、これまでのメンズジュエリーは・・・??
実は・・・2階に引っ越しします!
そう、RUST東京店は、今月21日土曜日から、2店舗になります!

1階の路面店が、レディースとウェディングの"RUST gold"。
2階が、メンズを扱う、"RUST silver"という名前で呼ばれます!
(メンズのRUST silverは、ショールーム・サロン形式になりますので、ご来店の際は、1階のスタッフに、お声がけください)

休日に、カップルで訪れて、一緒に時間を楽しめる・・・素敵なイベントになると思います!
RUST

20 November 2009

finally...

これは・・・なんだと思いますか??


そう、チョコレート・トリュフです(ガナシェ!)。
RUST東京のリニューアルにらっしゃった顧客のみなさんへの・・・プレゼント!!
私たちの家のある通りから、角を曲がってすぐのショコラティエに、特別にお願いして、作ってもらいました!
それらを、一つ一つラッピングしていたので・・・時間がなくて、ブログを更新できませんでした・・・
(一応、証拠を・・・と思い、箱づめの写真を掲載してます!)


フランス人のイザベルが、すべて手作りしてます。
(イギリス人シェフではないので??・・・味は確かです! ご安心を!)


RUST東京店は、ついに(!)11月21日、今週土曜日の12時に、リニューアル・オープンします!
そこで、土曜、日曜、月曜日の3日間、毎日、先着30人のお客様に、こちらのトリュフを、プレゼントします!
顧客の皆さんに発送した、新しいRUSTのロゴの入った、ラゲージ・タグは届きましたか?
それをお持ちください!


もし、その日のトリュフがなくなってしまっても、シークレットの特典がありますので、スタッフに提示してくださいね!
ARTEMIS

17 November 2009

envelope necklace

銀製の、封筒と鉛筆がついた、ネックレスです!
封筒は、1800年代に、女性が切手を携帯するのに使われていました。
鉛筆も、実際に使うことができます・・・実は、こちらは、ダンスを踊るのが上手な男性の、名前をメモするためのものでした!
どちらも、アンティーク・マーケットで見つけた、一点ものを使った作品です・・・
ARTEMIS

16 November 2009

rose bud rings...


燻した銀の、バラのつぼみが揺れる・・・指輪です!

リングの部分はゴールドで、手作業による、打ち目が入れられています。
いくつも、重ねづけをしてみました!
RUST LONDON


bodiam castle! { ボディアム城・・・! }


今日は、(というより、今日も・・・)アンティーク・マーケットのあとに立ち寄った、ボディアム城をご紹介します!

http://www.nationaltrust.org.uk/main/w-bodiamcastle

かわいらしい橋のかかる、のどかな田園風景・・・
ボディアム城は、ロンドンから南へ車で1時間半、イースト・サセックスにあります。



最もお城らしい形のお城と称されますが・・・

ビーチで作る、砂のお城がそのまま本物になった・・・と言うほうが適当でしょうか??

まわりを堀で囲まれ、水上に浮いているようなその景観は、とてもドラマチックです。
ボディアム城は、古城(湖上?)なので、現在の住人は、この鳥たち・・・
人間の介在しない環境で暮らしてる・・・なんて幸運な鳥たちでしょう!



と思いきや・・・

英国人の大好物、ヴィネガー味のポテトチップスをちらつかせたら、こんなにたくさん!
鳥たちがついてきてしまいました・・・

人生観もいろいろですね!
何をもって幸せとするのか・・・みな悩んでるようです??
自然も文明も・・・バランスが大事だと言うことでしょうか。



堀に、たった一つだけ架けられた橋を渡って・・・お城の内側に入ることができます。

塔のひとつから見渡すと・・・こんな感じです!
廃墟となり、コケに覆われていて・・・兵どもが夢の後、の世界。



何百年前のものでしょう・・・

時の流れは、落書きをもアートにします!

この、のどか過ぎる風景で、お城の見張り番をしていたのでは・・・落書きも上達してしまいますよね!
できるものなら・・・RUSTの作品への手彫りをお願いしたいくらいです!

ARTEMIS


14 November 2009

compact necklace!

アンティークの・・・コンパクト(携帯用お化粧直し)のついたネックレスです!
ゴールドの細いチェーンと、きらきら光る、カット・クオーツの石との組み合わせがおしゃれ・・・


素材はシルバーで、底には、アンティークの証し、英国政府承認の、ホールマークが大きく刻印されています。
裏ぶたには・・・鏡が!
アンティークなので・・・1点限りの作品になります!
ARTEMIS

medium rose earings with onyx...

いぶし加工のされた銀のバラに、きらきら光るブラック・オニキスがついた、ピアスです!
石は、ほかにも10種類ほど用意してありますので、選ぶことができますよ!
贈りものとしても、すてきですね。
キャッチは18金ですので、金属アレルギーへも対応しています。
RUST london

13 November 2009

ladies new items


ゴールドのトップ・・・シルバーとのコンビになった指輪です。

ハートの形に沿って、ミル打ちを施しました!
イニシャルや、ラテン語のメッセージを、手彫りすることができます。

¥31,500 (item code: INRG68)
RUST LONDON



12 November 2009

ladies new items!

RUST東京店のリニューアルオープンが、11月21日、来週の土曜日に迫ってます!
今日から・・・レディースの新作をお披露目していきますね!


作風としては、ローズカットが施された石を、ミル打ちで留め、華奢なチェーンでつないだスタイルです!
個人的には、とてもとても気に入ってます。

ご察しのように・・・今回のリニューアルは、かなり大がかりなものになっています・・・
店内の内装に使うアンティークはすべて変えられ、以前と同じものがひとつもないとのこと。
どうなることやら・・・

10 November 2009

trunk shows...

セレクトショップ“EDITION”大阪店での受注会も、好評をいただいたようです!
過去最高に近い結果となりました。
とてもうれしいです!

そして・・・東京店のリニューアル・オープンを残すのみ。
11月21日、来週の土曜日から始まる3連休がオープニングになります。
明日以降は、新作の写真を掲載していく予定です!
ARTENIS

8 November 2009

edition osaka trunk show


今日11月8日の日曜日、セレクトショップEDITIONの大阪梅田店にて、RUSTのトランクショー(受注会)が開催されます。

http://www.edition-jp.com/contents2009aw/shops/umeda.html
1日目の昨日も、たくさんののお客様が訪れ、多くのご注文をいただいたようです!

本日で、今年の一連のトランクショーは終了です。
あとは、RUST東京店のリニューアルが控えています・・・
また詳細をお知らせしますね。
 
RUST LONDON
   

7 November 2009

hever castle! { ヒーバー城・・・! }


いつものように・・・アンティーク・フェアの帰りに、寄り道!

英国南部ケントにある、ヒーバー城へ行ってきました。
www.hevercastle.co.uk



ヒーバー城は、エリザベス1世の母である、アン・ボリーンが育った宮殿。
1500年代のお話です。

RUSTの作品に刻まれる、政府の純度証明の刻印“ホールマーク”は・・・
この時代から始まったものです!

ちなみに、エリザベス1世の父であり、アン・ボリーンの夫であったのは、国王ヘンリー8世。
彼は、7度、結婚・離婚を繰り返し、新しい妃には、前妻の生首をプレゼントしたという人物・・・
なんてチャーミングな英国紳士でしょう!!

さらに、ヘンリー8世は、離婚を認めなかったローマン・カトリック教会を離脱し、英国国教会を設立。
自分の都合で、国全体の国教を変えてしまいます・・・やれやれですね。
それとも・・・愛の力と呼ぶべきなのでしょうか???



話を戻すと・・・石レンガのお城の内側には、コートヤード(中庭)があります。

チューダー時代の建築物の最大の特徴である、白壁と黒い柱の組み合わせです。

ヒーバー城は、建物のいたるところが、植物に覆われています。
英国の建築物には、このように草木が伸びていき、どんどん成長していきます。

これは私の好きなディテール。
(ほどほどにして手入れをしないと、とんでもないことになりますが・・・)



庭では・・・軌道の低い太陽が映しだす、木々の影が、とてもきれい。

イギリスの秋特有の、雲の流れも・・・
まるで、絵画のよう・・・



この、長い長い回廊の・・・ずっと奥の、小さな四角い光が見えますか?

出口には・・・



こんな光景が広がっています(クリックで写真を拡大できます)!

晴れ渡る空に、白い雲・・・湖と緑。

やっぱり・・・女王になるだけの人物は、それなりの“庭”を持っているんですね・・・
私たち庶民の家の庭とは大違いです・・・
(うちにはせいぜい・・・プリムソール女王が君臨していますが・・・)



イタリア式の、石造り庭園。
ところどころ黒いのは・・・例によって、イングリッシュ・ウェザーのしわざです!


湖でボートを漕ぐこともできますし、バスケットにサンドイッチをつめてピクニック・・・
そんな1日も素敵ですね。
(生首のプレゼントさえ忘れられれば・・・ですが!)

ヒーバー城は、ロンドンから、車で約1時間です。
ARTEMIS


6 November 2009

workshop talk

RUSTロンドンの工房には・・・とにかく多くのライトがあります。


ただ、かたちが気に入って買った、壊れたものから・・・


毎日の作業に欠かせないものまで・・・


そうじもされずに・・・


とにかくたたずんでいます・・・


ふと一人で作業をしていて・・・
もしこれらのランプがみんなが生きていて、言葉を話すとしたら・・・


いいなー君は毎日使ってもらって・・・


僕なんかこんな有様さ・・・


私はいつもつけっ放しにされて暑くてしょうがないわ・・・


僕はノルウェー生まれだから言葉がわからなくてさびしいよ・・・

そんな会話があったりして。なんて・・・ひとりで思いふけっていました!
そんなランプたちの会話のやり取りも・・・RUSTのクリエーションの源です!!
ARTEMIS