31 October 2009

edition trunkshow 3

今日と明日の2日間は、東京表参道ヒルズのセレクトショップ、“EDITION”にて、RUSTの受注会が行われます!
恒例となりつつあるトランクショー・・・今回は、どんな出会いがあるのでしょう。
RUSTメンズの作り手である・・・内海氏も参加するようです(14:00~19:00)。
ARTEMIS

30 October 2009

edition trunk show 2


明日と明後日は、表参道ヒルズのセレクトショップ“EDITION”で、RUSTの受注会が開催されます!
EDITIONとRUSTは・・・系列であるトゥモローランドと、“RUST以前”に内海君が個人で作品製作をしていた時期をも含めると、10年近くの長いお付き合いになります。


こちらのモレスキンのダイアリー・カバーは、EDITIONバイヤーの竹田さんの発案で生まれました。
EDITIONおよびRUSTの、スタッフの間でも、とても人気です!


自由に、シルバー(またはゴールド?)のアルファベットを選んで打ち付けることができる、カスタムメードが可能。
数量限定で、クリスマス前の納品も可能です。
重すぎず、軽すぎずで・・・プレゼントにも、ぴったりだと思います!

手帳が2サイズと、ほかに名刺入れがあります。
レザーは植物なめしで、色はカーキと黒。
英国製で、価格は¥9,450~です。
ARTEMIS



29 October 2009

mouse & tuna...and happiness


RUSTの決算は11月末。私たちはドキドキですが・・・プリムソールは、いつも平常心。
ネズミのぬいぐるみと、シーチキンの缶詰めさえあれば・・・すべてOKです。


おかげさまで、東京・ロンドンともに、4年連続の増収増益で来ることができました。
特に、今年度の後半は、昨年比で2倍~3倍の売り上げが、ずっと続いたようです!

会社運営は、経営を専門に勉強した人でさえ、失敗することが多いというのに・・・
私たちのような、ものづくりの人間が、片手間の個人経営、しかも直営で何とかやりくりしているのは・・・奇跡的です! 
(アンティーク・マーケットで会社のお金を使い果たしてしまった・・・など、日常の些細な?失敗談も、山ほどありますが!)
それもこれも、このブログを読んでくださる皆さんが・・・この小さな奇跡に付き合ってくれたおかげです!


私たちRUSTの作品は、結婚指輪をはじめ、オーダーメードの受注が大半を占めます。
それは、メッセージを通して、想いや約束、何らかの意味が込められたもの。

身につける意味がある。作る意味がある。存在する意味がある・・・
それは、身につける幸せ、作る幸せ、存在する幸せを生みます!

そうやって生まれる“幸せ”を集めることに、幸せを感じる・・・ハッピービジネスだと、私たちは思っています!


そうして集まった、”ハッピーな”お金が、アンティークや、職人、材料屋、寄付や納税など、日常を通して循環していく・・・
世界中を幸せにはできないかもしれませんが、まず、周りから、すこしずつ、小さな幸せで満たしていく作業です。

RUSTに関わるすべての人々に、小さな、かつ確かな、幸せが訪れますように!
それが、私たちの理念です!

プリムソールも、(そんなハッピーなお金で買ったツナ缶を食べて育ったのですから??)やっぱりハッピーなネコに育ちました!
ARTEMIS



28 October 2009

edition trunk show 1

現在、RUST東京店は、11月20日のリニューアル・オープンまで、改装休業中ですが、それまでに、いくつかの受注会が予定されています。
今週末のトランクショーは、表参道ヒルズにあるセレクトショップ、EDITIONです!

写真は、ピンクゴールドの、ハート型のシグネットリングに、ダイヤとルビーを埋め込み、イニシャルを手彫りした作品。
センスの問われる、難易度の高いご注文例ですが・・・とてもうまく出来上がりました!

指のサイズをお測りし、地金の素材もお選び頂ける、フルオーダーです!
内側にも、ラテン語の(愛の?)メッセージを、手彫りで入れることができます。
作品によっては、クリスマス前にお受け取りいただくこともできます!
ARTEMIS



kew gardens { キュー・ガーデン }



こちらは・・・先日、キュー・ガーデンへ行ったときの写真です。


ロンドン南西部に位置する、この広大な庭園では・・・
1800年代のビクトリア時代に、世界中から集められた植物が展示されました。
(ちなみに・・・イギリス人の収集癖は、当時からのものです・・・)
  
  
  
その大きな大きな敷地内には、松の木だけでなく、日本の“かやぶき”民家まであります!
まさか・・茅葺屋根を植物と間違えたのでしょうか?

いくらイギリス人のマがヌケてるとしても・・・それは??です。
ちなみにその建物は“ミンカ・ハウス”と呼ばれていて、現地の人たちにとってはクール・・・
とても人気です。



庭園の真ん中には温室があり、南国の植物が鑑賞できます。
鉄筋とガラスで建てられた、この巨大な温室は、まるで、お城のよう!
 
当時の英国の建築技術を、世界に向けて自慢するためだったとのこと・・・
(今となっては・・・現代の英国の建築技術の凋落を感じるための、比較対象でしかありませんが・・・やれやれです!)



(気を取り直して!)
意外にも・・・秋に咲く花が真っ盛りでした。
  
  
  

RUSTの新作の・・・ティアラです!
ロンドン限定&季節限定!!

 
 

石像彫刻のユニコーンも・・・秋の日差しを楽しんでます?
それとも・・・迫りくる冬を前に、ため息で呼吸、といったところでしょうか。
同情します!
 
  
  
今回は、紅葉など、秋ならではの景色や空気を楽しむことができました。

こんなふうに出歩く一日は・・・私たちRUSTの、ものづくりのインスピレーションには欠かせません!
(落ち葉のティアラのような??・・・もちろん、それも含めて、です!)
来年はぜひ、夏にも訪れてみたいと思います。

今日の写真は、ほんのほんの一部。
レストランやカフェ、ショップもあり、全部まわるのは、一日がかりです。
まわりはやはり、洗練された高級住宅街。
イギリスらしい街並みと、ショッピングも楽しめます!

ロンドン市内からは、地下鉄か電車、車で20~30分。
入場料は£13(約1900円)とやや高めですが、忘れられないイベントになると思いますよ!

RUST LONDON
 
 
 

25 October 2009

barneys new york trunkshow 2


昨日土曜日の、バーニーズNY銀座店での受注会は・・・おかげさまで、大盛況に終わったようです。
バーニーズから課せられた(?)厳しいノルマの・・・2倍近いご注文をいただくことができました!
とても嬉しいです!
ロンドンでは・・・作品製作がんばりますね。
(今週末のバーニーズの受注会が、クリスマス前に作品を受け取ることができる、最後のチャンスとなります・・・)

今日、25日の日曜日は、バーニーズNY横浜店での受注会です・・・また良い結果をご報告できれば!

最後になりますが、RUST東京店は、本日をもちまして、4週間の改装期間に入ります。
リニューアル・オープンは、11月21日の土曜日です。
ブログは・・・もちろん、その間も更新する予定です!




24 October 2009

barneys new york trunkshow 1

今日24日土曜日は、バーニーズNY銀座店にて、RUSTの受注会が行われています。
バーニーズでのトランクショーは、今や、毎シーズンの恒例イベントとなりました。
テーマは、クリスマスに向けた、ペアリングです!
さりげなく、お揃いのアイテムを身に着けたり、記念や約束の想いを託したり・・・
素材や石、手彫りのメッセージも選べる、フルオーダーが可能です。




23 October 2009

twitter!

今週から・・・TWITTERを始めてみました!
日本語に訳すのに時間もかかりますし、まだ慣れていないので、ちょっとしたミスは見逃してくださいね。
イギリスらしく(?)天気の話から一日をはじめてみたいと思います!




22 October 2009

renewal opening date...

やっと・・・RUST東京店のリニューアルの日程が決まりつつあります!
リニューアル・オープンは、11月21日、土曜日です!
つきまして、RUST東京店は、今週の日曜日、10月25日をもって、いったん閉店させていただきます。

休業期間中には、下記の日程で、トランクショー(受注会)を開催いたします。
10月24日(土) バーニーズNY 銀座店
10月25日(日) バーニーズNY 横浜店
10月30日(土) EDITION表参道ヒルズ店 (11月1日までの2日間)
11月7日(土) EDITION大阪梅田イーマ店 (11月8日までの2日間)

トランクショーでは、リニューアルオープンに先立ちまして、新作を先取りいただけます!
詳細を、追ってまた、ポストしますね!




21 October 2009

flat court rings

こちらの、英国で“フラット・コート”と呼ばれる形の指輪は、外側が平ら(フラット)なデザイン。知的で、かつ、スタイリッシュな印象です。
指輪の内側は、丸みを帯びているかたち(コート)なので、着け心地の良さも兼ね備えます!
写真の指輪では、このフラット・コートのお揃いのかたちに、それぞれ思い思いの素材と石をチョイスいただきました。
男性のイエローゴールドの指輪には、ブラック・ダイヤ。そして、女性のピンク・ゴールドのリングには、ルビーの・・・素敵な組み合わせです!




20 October 2009

peach moon stone...


リニューアル・オープンに向けて・・・新作がいよいよ出来上がってきます!
こちらの石は、“ピーチ”ムーンストーン。素敵なネーミング・・・・
他にも・・・約20種類ほど、石を揃える予定です!


こちらでは、指輪の重ねづけを提案しています。
甘さと辛さのバランスをとって・・・その日のコーディネートの仕上げに、自分でスパイスをまぶす感覚でしょうか。
¥10,500~の価格帯です。

新作は、出来あがり次第、ご紹介していきますね!
おそらく100点以上の数になる予定です・・・!
ARTEMIS



19 October 2009

autumn garden...


きのうの日曜日・・・ロンドンの朝の気温は、氷点下2度だったようです!
外の空気は、一足早い、クリスマスの香り。
これから年末にかけて、英国中がフェスティバル・ムードに包まれます。
子供も大人も、おじいちゃん、おばあちゃんも・・・です!
みんなまるで、クリスマスがないと、冬を生き延びれないかのよう(・・・それは事実です)。


私たちの家の庭も、本格的な秋色・・・落ち葉かきが待ってます。


と思いきや、これから咲く花も・・・
セージです!


プリムソールは・・・いっさい外に出ず、1日中寝ていました・・・
あまりに眠り続けるので、心配になって、インターネットで症状を調べてしまうほど。
それによると、ネコは人の2倍の時間、眠るのだそう。
私が12時間寝ていたと言うことでしょうか・・・??
なるほど、と、妙に納得してしまいました!
ARTEMIS



18 October 2009

stones on request


こちらの作品には、追加の石を埋め込むリクエストをいただきました。
男性用の指輪には、ブルー・サファイア、女性の指には、ピンク・サファイアが!
色違いで、石を揃えるという、素敵なチョイスです。
他にも、ダイアモンド、ブラック・ダイヤ、ルビー、エメラルド・・・悩んでくださいね!

指輪の下には、先週見つけた、アンティークのレースを敷いてみました。



17 October 2009

ladies' signet ring


女性へ向けた、小さな小さなシグネットリング。
シルバーとゴールドのコンビに、イニシャルを手彫りで刻むことのできる、オーダーメイドの指輪です。
もちろん、内側にラテン語のメッセージを彫ることも可能です!

RUSTでは、ほとんどすべての作品が、メッセージの彫り込みや、石の埋め込みといった、特別なリクエストに対応しています。
もし、なにかの記念や約束に・・・世界にひとつだけの、RUSTの作品を選んでいただければ、とても嬉しいです。
生きがいを感じる瞬間です!
¥31,500 (item code: INRG90)



16 October 2009

venice・・・2 { ベニス・・・その2 }



水上都市ベニスの続きです・・・

こちらは、街の中心を流れる、目抜き通り、ならぬ、目抜き川!
雨上がりなので静かですが、そうでなければ、無数の手漕ぎの渡り舟、ゴンドラがこの通りを行き交います。
(写真はクリックで拡大できます)



建築物のディテールが美しく・・・即席で、RUSTのフォトシューティングをしました!
  
内海氏私物のシグネットリング。
(私が間違ってつくったものを・・・)昨年のクリスマスプレゼントに。
お互い、失敗した作品を取っておいて、なにかの機会には、それを手直してプレゼントしあってます。
とにかく、本人はとても気に入っているようですので。それでいいのでは?
大事なのは気持ちのほうですので・・・と言い聞かせてます!!


同じく私物のウォレットチェーン。
かれこれ、10年近く使っているようです。

お金を払って買えるもので、10年、もしくはそれ以上も使えるものって、なかなかないですよね。
それが、ジュエリーのいいところ。半永久的。
修理も・・・もちろん何度でもお受けします!


こちらは私のブレスレットです。
永遠を意味する蛇モチーフは、私の祖母のお気に入りでした。
祖母は、ジュエリーの蛇すべてに、名前をつけて呼んでいたほど・・・
そんな、ちょっと(??)変わった気質は・・・遺伝のようです!


通り雨が去って、差し込んできた光り。
Ahhhhh・・・ベニス!


空、ひかり、水、建物、空気・・・
こんな街に暮らす人々は、いったい日々に何を想うのでしょう??


私は・・・こんな街に暮らしたら、一切仕事をする気にはなれないので・・・
適度に(!)雨が降るロンドンが好きです。

・・・なんて、精一杯つよがりながら、帰路につきました。
Ahhhhhhh・・・ベニス!

ARTEMIS


14 October 2009

hyde park 3(・・・?)



このライオンの石像は、ハイド・パークの東側に位置する・・・・・
というのは冗談で、こちらは正真正銘、イタリア製の本物です(・・・・スミマセン!)。

去年に、半分仕事で訪れたベニスにて。
   
   
   
(イギリス製と違って・・・)やっぱり白くて、美しいですね!

建築に刻まれた文字の字体も・・・どこかとてもお洒落です。
レンガも、アドリア海の日差しでこんがりと焼けて・・・
(イギリスのレンガとは)まるで育ちが違うかのよう・・・
  
  
  
こちらは、ドアの上の彫刻を、下から見上げたカット。
見えないところにも、手抜きは許されません・・・

今のイタリア人と、当時のイタリア人が同人種とは・・・思えないのは私だけでしょうか??
(産業革命時のイギリス人のケースは・・・棚に上げて、ですが!)
  
  
  
Ahhh・・・べニス。
道路も自動車もない、水上都市。

移動手段は・・・船でした!
タクシーもボートです。
  
  
   
ロンドンからは、飛行機でたった1時間半なのですが・・・
それ以上の距離を感じてしまいます。そんな、非日常的な街。

短い短い滞在でしたが・・・
またひとつ、忘れられない旅となりました。

3日間で、いったい何枚、写真を撮ったことでしょう・・・

RUST LONDON
  
  
   

13 October 2009

hyde park 2


昨日ご紹介したハイド・パークの、サーペンタイン湖という池のふちに、美術館があります(サーペンタイン・ギャラリー。写真奥のレンガの建物。入場無料です)。
その隣では、毎年、期間限定の建築物の出展があり、今日わたしたちは、それを見に訪れています。


今年は、SANAAというユニットによるもの。
流線型にカットされた、金属の板を屋根にして、それが、何本ものポール(細い金属の柱)で支えてあります。
屋根の形に沿って、ガラスを使った壁が添えられた、とてもモダンな作品です。
早速・・・おもしろ写真を撮ってみました!


・・・天井に写った自分でした!
この作品の中では、紅茶とケーキを楽しめます。
レンガづくりの古い建築と、モダンなアーキテクチュアの共存・・・とても興味のある分野です。
いつの日か、RUSTの建築作品を、ここで展示できることを夢見て・・・!
ARTEMIS



12 October 2009

hyde park 1 { ロンドンのハイド・パーク! }

ハイド・パークは、ロンドンのど真ん中に位置する、大きな大きな公園。
市内を、この公園を見ずに移動することは出来なのでは・・・というサイズです。

北側には噴水があり、角度によっては、これが本当にロンドン??っといった景色に出くわします。
 
   
  
イタリア・ローマに憧れてつくられた庭園だと思いますが・・・
天気だけはマネることができません(憧れるだけです)!

緑や黒のコケは・・・イングリッシュ・ウェザーのしわざ?
  
  
  

それはそれで・・・(少なくとも)私は、気にしないどころか、とても気に入ってます。
長い年月をかけて堆積したコケを見ていると、愛おしささえ感じます!
  
  
  
ハイド・パークの南側にある湖、サーペンタイン湖では・・・
動物たちの、ちょっとしたワイルドライフを観察できます。

私は動物が大好きで・・・
RUSTのお給料から、動物の愛護団体に、毎月すこしずつ寄付をしています。

皆さんもいかがですか??
(・・・って、寄付を募るなんて、典型的なイギリス人ですね・・・スミマセン!)
 
ARTEMIS
  
  
  

11 October 2009

in autumn...

ロンドンも・・・秋色です。
こちらは、先日、Ham Houseという、かつての貴族の家を見学に訪れたときに、その庭で見つけました・・・チェスナッツ(栗)です!


写真をクリックして、拡大して見てください!
そのいがぐりの内側には・・・人間が作りえるどんな高級素材よりも、やわらかくてきれいな内装がほどこされていました!
本当に美しいものとは・・・表には出ないのでしょうか。
そういう存在でありたいものです(たとえ外側はイガグリでも!)。
¥31,500 (item code: IGBL11 silverとgoldのダブルのレディース・バングル)
ARTEMIS