xmas, xmas, xmas...


イギリスでは、毎年、この時期になると・・・地域のクリスマス・フェアが始まります。
教会のホールを借りきって、おばあちゃんや子供たちが、手作りのケーキやデコレーションを持ち寄り、売り上げを寄付する催しです。
と・・・ここまで書くと、いたって平和なイングリッシュ・カントリー・ライフに聞こえますが・・・


私たちが行ったのは、写真の・・・ワイト島の小さな小さな教会。
そう、この密閉空間に、島民がいっせいに押しかけて、ケーキの争奪戦が繰り広げられるのです!
と書くと、大げさですが・・・いえ、やっぱり、押し合いへし合いです・・・
そこは・・・ロンドンの中心部、("ロンドンの渋谷"といえる・・・)オックスフォード・サーカスの、数倍の人口密度!


島民の名誉のために言いますが・・・これはワイト島に限らず、英国中で、同じ光景が繰り広げられます!
イギリスのクリスマスには、欠かせない行事。
自分で手作りすればいいのに・・・面倒くさがりな人たちは、チャリティの名の下に、普段はけして行くことのない教会へ、いっせいに駆け込むのです!
空は晴れて・・・外はこんなに静かなのに・・・


苦心の末に、やっと買うことができた品々・・・
おばあちゃんの手作りとはいえ、何の変哲もないジャムやケーキが・・・なぜにあんなに人々をひきつけるのでしょう・・・
ケーキに限らず・・・"クリスマス"という魔法の言葉に、イギリス中の老若男女が狂喜します!


こちらは、教会の裏庭の植物たち・・・
騒々しい、人々たちの喧騒を横目に・・・
やれやれというため息が、聞こえてきそう・・・


とはいえ、クリスマス・・・
素直に、魔法にかかるとしますね!
だって、クリスマスです!
RUST LONDON
 
  
 

Popular Posts